PXG Japan 合同会社は、完璧なフォージド加工が施され、どんなターフ条件下でのプレーにも対応する新しい「PXG 0311 トリプルフォージドウェッジ」を発売しました。PXG Japan公式ウェブサイト、PXG正規販売店またはPXG Japanモバイルフィッティングを通して購入ができます。

芯を外しても安定したスピンがかかってくれる

 PXGから発売された「PXG 0311 トリプルフォージドウェッジ」。まず目に入るのが、全面にスコアラインが入ったフェース面。フェースを思い切り開いても、安定してスピンがかかり、どんな打ち方にも柔軟に対応できるウェッジでした。

シンプルなソールデザインがカッコいい「PXG 0311 トリプルフォージドウェッジ」

 ヘッド形状はオーソドックスでスムーズに構えられる形状。ビギナーはもちろん、それ以外の上級者も違和感なく使える印象でした。

 実際に打ってみても、高精度ミーリング加工により全米ゴルフ協会(USGA)の制限内で最大値に設計された溝の効果なのか、とにかくスピン量が安定していました。

 ソールには、ロフトとバンスの数字以外は「PXG」のロゴが入っているだけのシンプルなデザイン。「キャディバッグに入れておきたい」という所有感を十分に満たしてくれるかっこよさがあります。

「ムダのない洗練されたデザインで、とにかく扱いやすいウェッジです。どんなターフ条件下でも、コントロールが可能です」

 と PXG 創始者兼 CEO のボブ・パーソンズが語るように、通常のショットだけでなく、開いたり閉じたりするような操作性の高い打ち方にも柔軟に対応してくれるウェッジになっていました。

フルフェースグルーブテクノロジーによってフェース上のボールを打てるエリアが広がっている

 今回発売された「PXG 0311 トリプルフォージドウェッジ」は、ハイグレードな 8620 ソフトカーボンスチールから製造。高精度ミーリング加工によるグルーブ(溝)は、全米ゴルフ協会(USGA)の制限内で最大値の設計で、究極のショットメイキングをサポート。

 フルフェースグルーブテクノロジーによってフェース上のボールを打てるエリアが広がり、フェースのトゥ側に当たったショットにも対応。グルーブが長くなったことで、打ったボールがやわらかく着地しやすくなり、フェースのどこで打っても結果が安定します。

 さらに、汎用性の高いソールデザインのため、あらゆるターフ条件下でその力を発揮。トゥからヒールにかけて適度に細くなっているため、リードエッジを地面近くにキープしながらクラブヘッドを開くことが可能です。

 前面から背面にかけてのキャンバー(ソールの丸み)がほどよく、十分なバンス角があるため、フルスイング時にクラブヘッドが地面をうまく滑り、ロブショットを打ちやすくなっています。

 ロフト角は7種類(50、52、54、56、58、60、62度)のラインアップ。メーカー希望小売価格は、クローム仕上げ2万8600円(税込み)エクストリームダーク仕上げが3万1900円(税込み)となります。PXG Japan公式ウェブサイト、PXG正規販売店またはPXG Japanモバイルフィッティングを通して購入可能。

e!Golf編集部