今、巷ではどんなゴルフアイテムが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今回は2022年6月のシューズ売れ筋ランキングです。

有賀園ゴルフで2022年6月に売れたシューズベスト5

 今、売れているシューズはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上総数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 Nikeエアジョーダン1 low Gウルフグレイ(ナイキジャパン)

 1985年に初めて発売され、誕生から37年経っても高い人気の「エアジョーダン1」のスパイクレスシューズ。ローカットのOGモデルをベースにし、ゴルフに適したトラクション性能をプラスしたアウトソールを搭載しています。限定販売となっているため、高値で転売する心無い購入者を防ぐため、現在は抽選販売という形が取られています。2022年1月初回発売。オープン価格(実勢価格:1万7600円、税込み)

Nikeエアジョーダン1 low Gウルフグレイ(ナイキジャパン)

抽選販売ですが、すべてソールドアウトとなり第1位を獲得

 取り扱い店舗も数量も限定で、抽選発売ながらメンズ、レディース、すべてのサイズが売り切れで、売り上げ首位となりました。

 エアジョーダンのスニーカー人気も高いですし、ネームバリュー、希少性の高さでニーズが高まりました。

 軽くて履きやすいスパイクレスで、使いやすい点も評価されていると思います。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 S2G SL ボア(アディダスゴルフ)

 高い快適性と安定性を持ちながら防水性も両立し、アッパーにはサステナブルな素材を採用。スパイクレスアウトソールは、刺さるラグ(突起)形状を採用し、スイング時は地面をしっかりと噛み、歩行時はスパイクレス特有の歩きやすさをもたらします。快適な歩行とスイングのブレを支える性能を両立したモデルです。2022年1月発売。オープン価格(実勢価格:1万2900円、税込み)

S2G SL ボア(アディダスゴルフ)

手頃な価格で初心者ゴルファーの購入が目立ちました

「ゴルフを始めるのでシューズを買いに来ました。軽くて履きやすいスパイクレスが欲しいです」

 そんなニーズを満たしましたね。初心者が買いに来ていたという印象が強かったです。価格も手頃だし、購入しやすかったんだと思います。

 練習場にもそのまま行けるし、軽さに魅力を感じている人も多いと思います。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 フットジョイ FJ フューエル BOA(アクシネットジャパン)

 軽量性、快適性、グリップ性、安定性に優れ、アスレティックデザインが新しいスパイクレスゴルフシューズ。PGAツアーで最も着用率の高い「PROSL」をもとに開発されたミッドソールやアウトソールを採用。クッション性と反発性を兼ね備えながら、しっかりと足元を支え、ブレを抑制して安定感をもたらします。2022年3月発売。オープン価格(実勢価格:1万6500円、税込み)

フットジョイ FJ フューエル BOA(アクシネットジャパン)

優れた性能で買いやすい価格、コストパフォーマンスの高さを感じます

 フットジョイの中でもかなり軽いモデルです。それでいて、プロスパイクに負けないくらい、ソールがしっかりしているので、価格のわりに、高い性能が感じられるという声が多かったですね。

 コストパフォーマンスに優れたモデルだと思います。スパイクレスを求める人はより軽量モデルを好んでいると感じられました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 ツアー360 22 BOA(アディダスゴルフ)

 スパイクとスパイクレスの長所を融合し、凌駕する性能を持つ”スパイクモア”アウトソールを搭載した次世代のTOUR 360。新たな木型の採用でスイング時の横ブレを抑えながら、効率の良い地面反力を可能にしています。BOAクロージャーがパワーをしっかり受け止めて、レースモデルとは全く違う性能と履き心地をもたらします。2022年3月発売。オープン価格(実勢価格:2万7500円、税込み)

ツアー360 22 BOA(アディダスゴルフ)

第5位 ツアー360 22 レース(アディダスゴルフ)

 スパイクとスパイクレスの長所を融合し、凌駕する性能を持つ”スパイクモア”アウトソールを搭載した次世代のTOUR 360のレース(ひも)モデル。ゴルフシューズとしては初採用の”FEET YOU WEAR ラスト”(木型)によって、スイング時の横ブレを強力に抑えながらも効率の高い地面反力を可能にします。2022年2月発売。オープン価格(実勢価格:2万4200円、税込み)

ツアー360 22 レース(アディダスゴルフ)

「ブランドではなく、デザインや履き心地で選ぶ人がほとんどです」(小室店長)

 以前は「フットジョイが一番」「やっぱりナイキ」というユーザーも多く、ブランドでシューズを選んでいる人も目立ちましたが、最近はブランドに関係なく、デザインや性能で選ぶ人がほとんどですね。

 メーカーうんぬんより、デザイン、性能、価格で選んでいる印象です。また、女性は特にファッションの一部として選ぶ人が多いので、ゴルフウェアとのコーディネートを意識して、デザイン重視の人が目立ちました。

 そんな中、1〜3位をスパイクレスシューズが独占しました。

 やはり、シューズに軽さを求める傾向があると感じます。軽くて履きやすいスパイクレスシューズに人気が集まっていた印象です。

 以前にもお話しましたが、シューズはデザインによって、微妙に履き心地が異なるため、普段の自分のサイズだけで選ぶと、思ったより小さかった、大きかったという現象が起きがちです。メーカーはもちろん、ブランドが異なるだけでもサイズ感に違いが出てきます。

 今回1位だった「Nikeエアジョーダン1 low G」は、少し小さめの作りなので、僕たちは「いつもより1サイズ上」をオススメしています。

 特に抽選販売ですので、サイズが合わなくても交換ができませんし、試履きもできませんので、注意が必要です。今後、抽選に応募する予定がある方は、心に留めておいてくださいね。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上総数で、算出してもらいました。実勢価格は有賀園ゴルフでの最新販売価格です。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美