「丸山茂樹ジュニアファンデーション」のゴルフ大会、回を重ねて24回目が8月2日に日高カントリークラブ(埼玉県)で行われました。

女子優勝には三菱電機レディス主催者推薦選考会

 国内ツアー10勝、米ツアー3勝を誇る日本ゴルフ界のレジェンド、丸山茂樹が主催する「丸山茂樹ジュニアファンデーション」。2009年から小学生、中学生、高校生を対象にしたゴルフ大会を開催していますが、大きな特徴は中学・高校生の部の成績上位選手に、プロゴルフトーナメントの主催者推薦選考会への出場権が付与されること。14年からは小学校低学年を対象としたゴルフイベントも開催しています。大会、イベントともに参加費・プレー費はすべて無料となっています。

中学生・高校生男子の部総合優勝は目黒日本大学高等学校2年の本大志さん(中央)。左から代表理事の丸山茂樹、本さんを挟んで理事の内藤雄士、競技委員長の横尾要
中学生・高校生男子の部総合優勝は目黒日本大学高等学校2年の本大志さん(中央)。左から代表理事の丸山茂樹、本さんを挟んで理事の内藤雄士、競技委員長の横尾要

 ゴルフ大会は回を重ねて24回目が8月2日に日高カントリークラブ(埼玉県)で行われました。

 中学生・高校生女子の部で総合優勝したのは座間市立相模中学校3年の新地真美夏さん。新地さんには樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント主催者推薦選考会の出場権とZOZOチャンピオンシップ親子観戦チケットが贈られました。

「ショットはいつもより少し良いくらいですが、パターがよく決まって1日の流れが良かった。(樋口久子三菱電機レディス主催者推薦選考会は)今日64ストロークで出場権を得たので、本番でもこのプレーができるように頑張ります」と新地さん。

 丸山は「64ストロークは素晴らしい成績です。この勢いで頑張ってほしいです!」と称えました。

 中学生・高校生男子の部総合優勝は目黒日本大学高等学校2年の本大志さん。本さんにはABEMAツアー PGM Challengeの出場権とZOZOチャンピオンシップ親子観戦チケットが贈られました。

「今日はドライバーが良くて、チャンスを狙える位置につけることができたので優勝につながったのかと思います。昨年もこの大会でPGM Challengeに出場することができ、14位タイでした。今年はもっと上、優勝を目指して頑張りたいです」(本さん)

 丸山は「おめでとう!!素晴らしいプレーでした。PGM Challengeでも良い結果が残せるよう応援しています」とエールを送りました。

 この大会から丸山茂樹を超える選手が生まれることに期待しましょう。

e!Golf編集部