AIG全英女子オープン最終日。首位と5打差の2位から優勝を目指した渋野日向子だったが、1打及ばず3位に終わった。

「やり切ったな、とは思うんですけど悔しいです」

◆米国女子プロゴルフ<AIG全英女子オープン 8月4〜7日 ミュアフィールド(スコットランド) 6649ヤード・パー71>

 ミュアフィールド名物のバンカーに、渋野日向子のメジャー2勝目の夢が消えた。

 2019年以来の優勝を狙ったAIG全英女子オープン最終日は、風速8メートルの強風が吹く中でスタート。アシュリー・ブハイ(南アフリカ)との最終組で5打差を追った。

2度目の全英制覇はならなかったが、多くのファンを魅了するゴルフを展開した渋野日向子 写真:Getty Images
2度目の全英制覇はならなかったが、多くのファンを魅了するゴルフを展開した渋野日向子 写真:Getty Images

 痛恨のダブルボギーを叩いたのは、渋野10アンダー、ブハイ13アンダー、前の組のチョン・インジ(韓国)が10アンダーで膠着状態に陥っていた14番パー4。425ヤードの難ホールのティーショットは、左のポットバンカーにつかまった。2打目は出すだけで、手前10メートルに3オン。1.5メートルショートしたボギーパットもカップにけられてしまう。

 通算8アンダーに後退し、ブハイとの差は5打に広がったが、それでも渋野はあきらめない。

 メジャー優勝の重圧がかかるブハイが、16番でまさかのトリプルボギーを叩いて通算10アンダーとしたことで、優勝争いは再び混とんとした。

 2打ビハインドの渋野は、17番パー5で2オンし、イーグルを狙ったが惜しくも入らず、2パットバーディーで9アンダー。先にチョン・インジが10アンダーで上がっているためバーディー必須の18番ではグリーンオーバーしてパー止まり。10アンダーで上がったブハイとチョン・インジのプレーオフには加われなかった。

 強風の中でスコアが目まぐるしく動く前半から一転し、風が収まった中盤は膠着状態が続き、タフなメンタルが要求された最終日。渋野はわずか1打でサバイバルレースを生き残れず3位に終わった。

「やり切ったな、とは思うんですけど悔しいです」と、こらえても嗚咽が止まらない。「最近のゴルフの調子とか、自分の考えてることとかと全く違うゴルフができた4日間でした」と、これまで悩んでいたことを一気に吹き飛ばす戦いだったことを打ち明ける。

「ホントに自信が持てるようなショットが多々ありました。そのぶん悔しいこともあります、難しいけど素敵なコースでこういう結果が出せてうれしくもあります」と複雑な気持ちを素直に口にした。

 ルーキーとして戦う米ツアーで、予選落ちが続く中、一転して結果が出た今大会は、渋野にとって大きな意味を持つ。不安そうな表情が消え、自信に満ちた笑顔が増えた。この日も、5打差を最後まで追い続け、ブハイに重圧をかけ続けたことで、優勝まであと一歩のところに迫ることができた。

「(優勝で)私自身が作られた試合でもあるし、初心にも戻ってできたのがよかった。自分の心の持ちようによってはゴルフが変わると思った4日間でした」。メジャー初出場で優勝した2019年に、“スマイリング・シンデレラ”が誕生したメジャーで復活宣言。固かった殻をぶち破り、大きく成長した渋野の、新たな戦いはすでに始まっている。

 ブハイとチョン・インジのプレーオフは18番を繰り返すサドンデスで行われ、パー、ボギー、パーとどちらも譲らず4ホール目までもつれ込んだ。夕暮れ迫る中、最後はバンカーからの3打目を50センチにつけてパーをセーブしたブハイが、ティーショットをバンカーに入れてボギーを叩いたチョン・インジを下して優勝した。

 欧州ツアー3勝の33歳。2019年の全英女子オープンでは、渋野日向子と最終日、最終組で優勝を争った。早々に優勝争いからは脱落し、5位に終わったが、18番で渋野が優勝を決めたシーンで、心からそれを祝福するグッドルーザーぶりは、渋野だけでなく、日本のゴルフファンの心に強く残っている。

 現在、主戦場とする米ツアーでは未勝利とあって、苦闘の最終日となったが、最後は素晴らしいバンカーショットで初のメジャータイトルを手にして見せた。

渋野日向子(しぶの・ひなこ)

1998年生まれ、岡山県出身。2019年のAIG全英女子オープンでメジャー初制覇。同年は国内ツアーでも4勝をマークし、賞金ランキング2位と躍進した。2020-21シーズンは、日本ツアーで2勝。同年に米国女子ツアーのファイナルQTを20位で突破し、今季から米ツアーを主戦場に戦う。国内6勝、海外1勝。サントリー所属。

e!Golf編集部