今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2022年7月のドライバーランキングです。

有賀園ゴルフで2022年7月に売れたドライバーベスト5

 今、売れているドライバーはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)
ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

 4種類あるROGUE STドライバーの中で、スタンダードの位置づけとなるモデルです。ややドローバイアスの設定で、これまで以上に高初速でストレートな弾道を安定して実現します。AI設計によるフェースや進化したJAILBREAK AIスピードフレームは、より効率化と最適化が図り、新構造のボディーで、インパクトのパワーを余すことなくボールに伝えます。2022年2月25日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

仲間内で使用者が多く、打ってみたら結果が良いので購入するケースが目立つ

 根強い人気です。仲間内でこのクラブを使っている人も多く、その人たちのドライバーショットが良くなっていることで、自分も使ってみたいという人が多いですね。

 周囲の評判がいいから、打ってみたら、結果が出せたので、購入するというケースが目立ちます。

 直進性が高く、ミスヒットに強い点も評価されていると思います。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 RS JUSTドライバー(プロギア)

RS JUSTドライバー(プロギア)
RS JUSTドライバー(プロギア)

 ゴルファーが求める弾道、スイング、イメージに合わせて「JUST FIT(最適)」なモデルが選べるように3種類をラインアップしたRS JUSTシリーズ。ゴルファーが打つエリアと最大反発エリアを一致させ、フェースセンターでヒットしたときの初速性能をより高めています。こちらは、ストレートフェースで高い操作性と強弾道を実現させるモデルです。2022年7月22日発売。メーカー希望小売価格:8万8000円(税込)

軽く振っても初速が出て、めちゃくちゃ飛ぶと高く評価

 発売前から話題になっていて、予約も入っていましたね。

 とにかく飛距離性能がすごいです。メチャクチャ飛びます、10〜15ヤードくらいデータが違う人もいたくらいです。年齢が20代半ばのお客さんがデータを取ったら、軽く振ってる感じなのに、ボール初速が70メートル/秒も出ていて驚きました。

 発売から10日程度ですが、2位にランクイン。今後も注目です。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 STEALTH(ステルス)ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

STEALTH(ステルス)ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
STEALTH(ステルス)ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 複雑な構造からなる「60層のカーボンフェース」搭載のドライバー。ツイストフェースなど、従来モデルの優れたテクノロジーも継承し、驚異的なボール初速と高い安定性、さらなる低重心設計を施したモデルです。飛距離、安定性、打球音、すべてを高次元でかなえながら、バックウェイトの効果で、高い寛容性も実現させ、ミスヒットにも強くなっています。2022年2月4日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

試打希望者も多く、ハマるとすごい飛距離データが出せるクラブ

 試打希望者は相変わらず多いですね。打ったときの球の強さと、音はステルスが一番強い感じがします。

 うまく、ハマったお客様は、前作のSIM2より20ヤード飛距離が伸びたと報告してくれました。

 すべての人に好結果をもたらすとは言い切れないかもしれませんが、高初速、低スピンを求めている方にとって、高い性能を発揮してくれるモデルです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 ゼクシオ 12 ドライバー(ダンロップ)

ゼクシオ 12 ドライバー(ダンロップ)
ゼクシオ 12 ドライバー(ダンロップ)

 楽に振り切れて、やさしく、高弾道で大きな飛びを実現。ヘッドのクラウン部分に設けられた突起部、飛びの翼とも呼ばれる「ActivWing」の効果で、ダウンスイング時の空力をコントロール。ヘッドのブレを抑えて、最適なインパクトをもたらし、飛距離アップを可能にします。ネイビーとレッド、2色のカラーバリエーションをラインアップしています。2021年12月11日発売。メーカー希望小売価格:8万8000円(税込み)

第5位 ROGUE(ローグ)ST MAX D ドライバー(キャロウェイゴルフ)

ROGUE(ローグ)ST MAX D ドライバー(キャロウェイゴルフ)
ROGUE(ローグ)ST MAX D ドライバー(キャロウェイゴルフ)

 右に出るボールを抑えたいプレーヤー向けのモデル。ドローバイアスでアップライトな設計で、気持ちよく振り抜くだけで、高初速のハイドロー弾道を繰り返し放つことができます。効率化と最適化を図ったAI設計によるフェースや進化したJAILBREAK AIスピードフレームの新構造のボディーで、インパクトのパワーを余すことなくボールに伝えます。2022年2月25日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

ランク外だが、ブリヂストンゴルフのB3ドライバーに注目(小室店長)

 春先からずっと人気が高かった「ローグST」シリーズと「ステルス」シリーズ。そこに割って入ったのが、プロギアの新作「RS JUST」シリーズです。

 発売前から話題になっていましたが、発売が7月22日と月末に近かったにも関わらず、いきなり2位にランクインしていたのは驚きました。飛距離性能の評価が高いので、来月の順位も楽しみです。

 人気モデルドライバーのキーワードは高初速。いかにボール初速を高めているかが、ポイントになっていて、まさに「初速戦争」になっている印象です。

 ただし、クラブの性能は決してボール初速だけではないと、僕個人は思っています。初速以外にも直進性やミスへの強さなど、注目すべき点はたくさんあります。それらをバランスよく搭載しているのが、上位人気モデルだと感じています。

 そんな中、ランクインこそしていませんが、僕が注目しているモデルがあります。ブリヂストンゴルフの「B3」ドライバーです。とくに「B3 SD」は、軽いのに、縦横の慣性モーメントが大きく、とにかく曲がらない。直進性が魅力のドライバーです。

 ヘッドのバランスがいいのでシャフトを選びません。極端につかまるシャフトを入れて、ドローで飛ばすことも出来るし、しっかりめのシャフトを入れて、フェードを打ちたいという要望にも対応できます。

 元々、軽量設計がされているので、パワーのないプレーヤーでも打ちこなすことができるし、重いシャフトを入れれば、パワフルな若手ゴルファーでも、しっかり振れるクラブになります。さらに、もっと、しっかりと球をつかまえたいという人には異なるヘッドタイプの「B3 DD」というモデルもあります。とにかく、幅広く対応できるのが魅力です。

「B3」といえば、ブリヂストンゴルフ契約の古江彩佳選手が、いきなり実戦に導入して、海外で好結果を出しましたが、お店ではツアー選手が使用していることで、購入に結びつくケースは少なく、それよりも仲間内の評判を購入材料にしている人が多いのです。なので、「B3」は、これからじわじわ人気があがってくるような予感がしています。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美