ゴルフショップで購入したときは形状も「顔(構えたときの見た目)」も好みだったドライバーが、ラウンドで使うとなぜかシックリこない……。その原因は「すわり」との相性が悪かったことかもしれません。

意外にも置いたときフェースが開くほうがつかまりがいい

 上級者がよく使うクラブの「顔」という表現。個々人の好みもあり、ここで説明するのは難しいですが、要するに構えたときのヘッドの見え方のこと。ゴルフクラブを選ぶ際の大事な要素とされていますが、キャリアが浅いゴルファーには「顔」の良し悪しなんて分からない、という人も多いのではないでしょうか。

左がソールを浮かせて構えたときで、右がソールを置いたとき。重心が深いやさしいドライバーほどソールしたときわずかに右を向く
左がソールを浮かせて構えたときで、右がソールを置いたとき。重心が深いやさしいドライバーほどソールしたときわずかに右を向く

 しかし、そんなこと分からなくてもヘッドの良し悪しや自分との相性を判断する方法があると言います。それがクラブをソール(地面に置く)したときの「すわり」の具合です。

 ドライバーの「顔」をチェックするときは、空中にヘッドを浮かした状態でフェース向きや見え方、ヘッドが投影するサイズを確認することが多いと思います。一方、「すわり」は芝の上にポンとヘッドを置いたときのフェース向きやヘッド全体の見え方です。プロゴルファーの今野一哉氏は、ドライバーを選ぶときは「顔」よりも「すわり」が大切だと教えてくれました。

「私は『顔』よりも『すわり』でドライバーを選んでいます。というのも、芝に置いたときの『すわり』はヘッドの重心によってフェースがスクエアになったり、開く方向にコロンと動いたりするので、弾道などドライバーの性能そのものへの影響がすごく大きいからです。一方で、『顔』はヘッドサイズとフェースやクラウンの形状によって決まります。私は『顔』を“上の顔”、『すわり』を“下の顔”と呼んでいますが、打ち出し方向や高さに影響しているのは重心によって決まる『下の顔』です」

 最近のドライバーは「すわり」をチェックしたときにフェースが開いてしまうモデルが多いですが、その理由は何なのでしょう?

「重心が深いドライバーほど、ポンと芝に置いたときにフェースが開きやすい。それは重心ポジションの影響ですが、意図的な狙いもあります。フェース面が開いたままだと右に飛びそうに感じるので、ゴルファーはそれをスクエアに戻そうとする。つまり“上の顔”を閉じてスクエアに戻そうとするのですが、そのとき“下の顔”は本来の向きよりも左を向くことになります。だから、打球のつかまりが良くなり、スライサーでも真っすぐ打つことができます。今は、このタイプのドライバーが人気になっていますが、逆にアスリートゴルファーがこのドライバーを打つと、左へのヒッカケ、チーピンを連発してしまうことになります」

パワーヒッターでもつかまりすぎないドライバーは?

 では、アスリートゴルファーやパワーヒッターと相性が良い「すわり」とは?

「単純に芝にポンとおいたときにフェースがスクエアに向くヘッドです。それは上の顔と下の顔が揃っているので、構えた通りの弾道が打ちやすい。よく上級者やプロゴルファーがドライバーをテストしたときに『構えたときにイメージした通りの打球が打てた』というコメントをしますが、それは“上の顔”と“下の顔”が揃っていたからです」

 昔のドライバーに比べて、最近は「顔」と「すわり」のギャップが大きくなった印象です。

「それは間違いありません。というのも、今のドライバーは3DのCADでデザインが行われているので、パソコン上で空中にヘッドが浮かんでいる状態からスタートします。以前は机の上や地面で実物のヘッドやモックを置きながら開発していたメーカーが多かった。だから昔はフックフェースのドライバーは『すわり』をチェックしたときもフックのままだし、逃げ顔になっているドライバーは『すわり』もオープン。だから上の顔と下の顔が揃っていたのです。でも、今は違います」

 具体的にはどんなふうに変わったのでしょうか?

「最新のドライバーはフックフェースやオープンフェースのドライバーはほとんどなくなり、アベレージ向けのモデルもツアーモデルも『顔』(上の顔)はスクエアにしています。でも、『すわり』をチェックするとオープンだったり、スクエアだったりする。だからこそ、『すわり』を見極めることが大切になってきたのです」

 ラウンド中、ドライバーを構えたときにシックリこない、イメージした弾道のボールが打てないと悩んでいる人は「すわり」が原因なのかもしれません。

野中真一