ドライバーには、大きく分けてロフト角が9度と10.5度のものが販売されています。ビギナーには、どちらのロフト角のドライバーがオススメなのでしょうか。

ビギナーにオススメは「10.5度」?

 これからゴルフを始めようと、クラブを購入しに量販店に行ってみたものの、種類が多すぎてどれが自分に合ったゴルフクラブなのか分からないという人は多いでしょう。

 特に「ドライバー」はスコアに一番影響を与えるといっても過言ではないクラブなので、なるべく打ちやすいものを選びたいビギナーは多いはずです。

ロフト角の違いで球筋は大きく変わってくる 写真:タイトリスト「TSi2」ドライバー
ロフト角の違いで球筋は大きく変わってくる 写真:タイトリスト「TSi2」ドライバー

 そんなドライバーを購入する際は、大きく分けて「9度」と「10.5度」のロフト角を選択することができます。ロフト角とは、クラブにおけるフェース面の角度を指し、打球の打ち出し角やスピン量に影響を与えています。

 一般的に11度、12度とロフト角が大きくなると、比例してスピン量も大きくなり、ボールが高く上がりやすくなります。反対に、ロフト角が9.5度、9度と小さくなるにつれて球は上がりにくくなりますが、スピン量が少なくなるぶん、強い球を打てるようになります。

 基本的に、アマチュアゴルファーは9度、もしくは10.5度のドライバーを選択することになるのですが、ゴルフ経験の浅いビギナーは、どちらを購入するべきか悩むところでしょう。では、ビギナーには、どちらのロフト角のドライバーがオススメと言えるのでしょうか?

 クラフトマン兼レッスンプロの関浩太郎氏は、以下のように話します。 「当然ながら、ロフト角によって球の高さが変わりますが、高さだけではなく、左右へ球の曲がり方も変わります。ロフト角が多い(ハイロフト)ほうが、右に曲がりにくい(スライスしづらい)です」

「一方、ロフト角が少ない(ローロフト)ものは、球が右に曲がりやすい仕組みになっています。ロングアイアンのほうが右に曲がりやすく、ショートアイアンのほうが左に曲がりやすい原理と同じです」

「そのため、ボールが右に行きやすい(スライスしやすい)人は10.5度を使うべきだと思います。また、ビギナーでも、すごく力のある人やヘッドスピードが速い人は、ロフト角が9度のものを量販店でオススメされる場合もありますが、9度は難易度が高いので、それでも10.5度を選択したほうが間違いは少ないでしょう」

「9度」のドライバーは上級者向け

 ロフト角が9度のドライバーは、打ち出し角が高くなりすぎず、スピン量が少なくなる特徴があります。そのため、弾道が高すぎる人、スピン量が多すぎる人は、ロフト角が小さいドライバーを使用すると、改善できる可能性があるでしょう。

 しかし、ヘッドスピードが速い上級者向けとも言えるので、ビギナーには難易度が少し高めかもしれません。

 また、ロフト角が10.5度のドライバーは打ち出し角が高く、スピン量が多くなり、球も上がりやすいことが特徴です。

 そのため、ヘッドスピードが速くないビギナーであっても、比較的容易にボールを打つことができるのがメリットです。

 このように、ロフト角はボールの高さに関係するだけでなく、ボールの曲がり方や難易度にも関係してくるので、これからドライバーを購入しようと考えているゴルファーは、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ピーコックブルー