飛距離が出る分、ダフリよりはマシだといわれるトップですが、残り100ヤードを切ってからのトップは大ケガになりかねません。やはり、トップをしないスイングを身につけるべきでしょう。高橋竜彦プロによれば、トップの原因はズバリ、ヘッドアップにあるとのこと。早速、それを防ぐドリルを紹介します。

インパクトの瞬間を見るぐらいの気持ちで打つ

 トップとは、リーディングエッジでボールを打ってしまうミスのことを言います。リーディングエッジがボールを直接打つパターンには2通りあります。

 一つがスイングの最下点を過ぎてから打つこと。もう一つがスイングの最下点を迎える前に打つことです。アベレージゴルファーに圧倒的に多いのは前者です。なぜ、スイングの最下点を過ぎてからリーディングエッジでボールを打ってしまうのでしょうか。

左肩、左腰が上がってしまうとすくい打ちになりトップする。インパクト後もボールがあったところに視線を残すことで上体の起き上がりを防ぐ
左肩、左腰が上がってしまうとすくい打ちになりトップする。インパクト後もボールがあったところに視線を残すことで上体の起き上がりを防ぐ

 その原因はすくい打ちにあります。ボールを上げようとするあまり、ダウンスイングからインパクトにかけて、左肩と左腰が浮いてしまうのです。さらに、ボールの行方を見たい気持ちからヘッドアップとなることも、体が起き上がる原因となります。

 その結果、スイングの最下点がボールの位置よりも手前にくるので、リーディングエッジでボールを打ってしまうのです。

 トップを防ぐには、ヘッドアップとすくい打ちを防ぐ必要があります。「ヘッドアップ=ボールをインパクトで見ない」ことなので、まずはインパクトの瞬間を見る意識を持ちましょう。インパクト後もボールがあったところを見るぐらいでも構いません。

 また、すくい打ちを防ぐには、ボールを上げる意識を捨てること。あくまでもボールを上げるのはロフトです。自分でヘッドを操作しなくても自然に高く上がるという意識を持ちましょう。

ハーフショットで体が起き上がらない感覚をつかもう

 自分では体が起き上がらないようにしているつもりでも、いつの間にか起き上がってしまう人もいるでしょう。そのような人には次のドリルが有効です。

 まず、7番アイアンを持ち、普通に構えたらスタンス幅を狭くします。正面から見た時、バックスイングでは左腕が時計の9時を指し、フォローでは右腕が時計の3時を指す、いわゆるハーフショットでボールを打ちます。

スタンス幅を狭め、7番アイアンでハーフショットを行う
スタンス幅を狭め、7番アイアンでハーフショットを行う

 フルショットだとスイングスピードがあるので体が起き上がるかもしれませんが、コンパクトなスイングなら体の起き上がりを我慢できるはずです。

 しかも、ムダな動きがなくなるぶん、ミート率がアップします。リーディングエッジでボールを打つトップではなく、ボールをクリーンに打つ感覚をつかめます、  あとは自分の中でしっかりとインパクトの瞬間を見るつもりでボールを打ちましょう。もう体が起き上がらないなと判断したら、普通に構えてフルショットします。それでもトップが出るなら、再びハーフショットのドリルに戻ります。これを何回か繰り返すことで、徐々にトップするミスが減っていきます。

取材協力・木更津ゴルフ倶楽部(千葉県袖ケ浦市)

【指導】高橋竜彦(たかはし・たつひこ)

1974年6月6日、福岡県生まれ。全国高校ゴルフ選手権で優勝して日本大学に進学。関東学生、朝日杯日本学生を制する。97年にプロ転向後は2005年にアイフルカップ、06年に日本ゴルフツアー選手権に優勝。高校、大学、プロで日本タイトルを獲得。現在はトーナメントに出場するかたわら、ABEMAツアーの解説も行う。ジャパンクリエイト所属。

山西英希