ヘッドスピードが上がれば飛距離が伸びると分かっていても、どのようにクラブヘッドを加速させるかについては知らない人が多い。川上優大プロによれば、体全体を使った回転運動がヘッドスピードアップにつながるという。そのためには、フィニッシュをしっかりとつくることがポイントになる。

体重移動とともに、右から左へエネルギーを伝えよう!

 ヘッドスピードを加速できない人のスイングを見ると、上体だけでクラブを振っていることが少なくありません。

 これは、バックスイングの際に右肩が上がり過ぎたり、両手の位置が低過ぎることによって、右足股関節の上に上体が乗らず、スムーズな体重移動の妨げになっていることが原因です。

 このようなタイプはフィニッシュで体重が左足に乗った形をつくることができず、右足に体重が残ってしまう中途半端なフィニッシュになりがちです。当然、クラブを素早く振り切ることができず、ヘッドスピードは上がりません。

クラブを横にした状態で胸に当て、1枚の面だとイメージしながら体を右に捻転した後、左に回転する
クラブを横にした状態で胸に当て、1枚の面だとイメージしながら体を右に捻転した後、左に回転する

 バックスイングでは下から上まで全部ひねるぐらいのイメージでクラブを上げたら、フィニッシュでは左足に体重を乗せ、右足のツマ先だけが地面に接するような形をつくりましょう。

 正しいフィニッシュがつくれるようになれば、今までよりも腰の位置が左サイドに移動したことを感じられるはずです。その結果、体の左サイドに対して、自分の体重をぶつけるような感覚を得られます。これがヘッドスピードアップへの第1段階です。

 次に、正しい回転運動を身につける運動を行います。直立姿勢から足をスタンス幅に開き、クラブを横にした状態で胸かお腹の前辺りに当てます。当てたクラブが1枚の面だとイメージしながら、上体を捻転しましょう。

 右足股関節に上体がしっかり乗っていることを確認したら、今度は反対側に上体を回します。左足股関節に上体を乗せ、右足はツマ先だけが地面に着いた形です。クラブがなければ、両手を水平に伸ばした姿勢で右に捻転します。

 このとき左足カカトが浮いても構いません。バックスイングでは右足股関節に上体を乗せたら、下半身がフィニッシュの形になるまで体を反対に回す運動を何回か繰り返すだけです。

 体の回転運動を身につけ、体重移動とともに右から左へエネルギーを伝えることができるようになったら第2段階の終了です。

クラブを握るときは横からが鉄則!

 ヘッドスピードを上げる第3段階は正しいグリップをすることです。グリップが正しければ、体の回転に伴い、手が自然とインパクトゾーンでターンするようになります。

 私が言う正しいグリップとは、ストロングになり過ぎたり、ウイークになり過ぎず、できるだけスクエアに近い状態で握ることです。グリップが正しくないと、手が先行してクラブフェースが開いた状態でインパクトを迎えたり、腕を無理に返して引っかけの原因になるので気をつけましょう。

クラブを2本重ねた状態で立てた後、左手と右手を横から添えるように握る。その後にヘッドを下に向けると、親指をクラブの真上に乗せる感覚を確認できる
クラブを2本重ねた状態で立てた後、左手と右手を横から添えるように握る。その後にヘッドを下に向けると、親指をクラブの真上に乗せる感覚を確認できる

 正しいグリップをするためにも、クラブを横から握ることをオススメします。上から押さえつけるように握ったり、下から持ち上げるように握るのはNGです。横から握るためには、クラブを2本用意し、グリップ部分が重なるようにそろえます。

 グリップエンドが真下を向くようにクラブを立てた状態で左手を横から当てて握り、次に右手も横から当てて握りましょう。その後でヘッドを下ろして構えると、両手の親指をクラブのほぼ真上に乗せる感覚が分かります。クラブを1本にしたときも同じ要領で握ります。

 グリップが決まったら、あとは右肩を支点にして体を右に回した後、左肩を支点に体を左に回します。人によっては背骨を支点にして体を回転しても構いません。支点をイメージしながら素振りを行い、クラブが自然と振られる感覚を確認しておきましょう。

取材協力・Golf Brothers(東京都立川市)

【指導】川上優大(かわかみ・ゆうた)

1993年、東京都生まれ。12歳からゴルフを始め、2015年にプロ転向。16年にABEMAツアーの「ひまわりドラゴンカップ」で優勝。21年のファイナルQTで5位に入り、今季はレギュラーツアーを主戦場とする。父が開設したインドアゴルフ練習場『Golf Brothers』で時間があるときはレッスンも行っている。

山西英希