軽さと快適さをうたうフットジョイのスパイクタイプゴルフシューズ「FJ ATAK」は、若者ゴルファーのインフルエンサーとして今、熱い注目を浴びているルイゴルフの目にはどう映るのでしょうか。実際に履いてラウンドしてもらいました。

長時間のラウンド シューズはずーっと履いているものだから…

 フットジョイから2022年8月、スパイクシューズ「FJ ATAK(FJ アタック)」が発売されました。従来の「重い」「硬い」というゴルフスパイクの概念を覆すフィット感、快適性、軽量性を実現した新作シューズといいます。

 これを、若者ゴルファーのインフルエンサーとして今、熱い注目を浴びているルイゴルフにラウンドで試してもらいました。

「FJアタック」は「インソール、アウトソール含めクッション性も高い。快適すぎて驚きました!」と笑顔のルイゴルフ 写真:山上忠
「FJアタック」は「インソール、アウトソール含めクッション性も高い。快適すぎて驚きました!」と笑顔のルイゴルフ 写真:山上忠

 ご存知の通り、ゴルフは基本的に18ホールまわるので長時間、シューズを履いていなければなりません。だからこそ、自分に合ったシューズ選びがスコアアップに大きくつながってきます。

 そうしたなか、スパイクタイプはスイング時にスリップしないメリットがあるものの、鋲の部分の突き上げ感やその分の重さが気になる、と思っているゴルファーは多いのではないでしょうか。快適性よりは安定性を重視しているように感じます。

「FJ ATAK」もそのスパイクタイプのシューズになりますが、ルイゴルフは「ちょうどいい、自然なクッション性と反発性なら歩きのラウンドでもつかれにくい。初めて履いたのにストレスを全く感じさせないのも素晴らしいですね」といいます。

スパイクシューズの本領! 「FJ ATAK」の大地を噛むようなグリップ性能

ルイゴルフさんもお気に入りだというスタイリッシュなトリコロールカラー。「FJ アタック」はこのホワイトを含めた4色展開。価格は1万8700円(税込) 写真:山上忠
ルイゴルフさんもお気に入りだというスタイリッシュなトリコロールカラー。「FJ アタック」はこのホワイトを含めた4色展開。価格は1万8700円(税込) 写真:山上忠

「学生時代は野球やテニスをやっていたので、シューズの重要性は分かっていますし、こだわりがあります。この『FJ ATAK』は思い切りスイングしてもバランスが崩れません。軽いシューズだとグニャッとしたりしますが、安定感がスゴい。フィット感も最高です」(ルイゴルフ)

 また、フットジョイ独自の「DURAMAX軽量ラバーアウトソール」、そして計算された鋲の位置によるグリップ力の高さにも注目、「1万円台の価格帯のシューズとは思えない仕上がりですね」と感心しきりな様子です。

アッパーは通気性に優れつつ雨にも強い独自技術を採用!

特殊なPUコーティングによって、通気性と防水性をあわせ持つメッシュアッパー 写真:山上忠
特殊なPUコーティングによって、通気性と防水性をあわせ持つメッシュアッパー 写真:山上忠

 アッパー(甲被)には、部分により編み方の異なる エンジニアードメッシュ に極薄の PU(ポリウレタン)コーティングを施した、こちらもフットジョイ独自開発による「インテリシールドアッパー」を採用しており、 ムレを防止しながら、防水効果もあります。

「この通気性の良さで雨のゴルフでも安心というところに 、フットジョイの技術力の高さを感じます」(ルイゴルフ)

「スパイクは重くて、硬くて…… 」と嘆いているゴルファーをしっかりサポートしてくれそうな「FJ ATAK」。どんな世代のゴルファーにもぜひ履いてほしいオールマイティすぎる逸品といえるでしょう。

ルイゴルフ( 大塚塁 おおつか・るい)

愛知県出身。レッスン動画で若年層ゴルファーの支持を得る動画クリエイター。168のスコアからたった50日で100切りを達成したノウハウを伝えるインスタグラムのフォロワーは約5万人。現在は麹町ゴルフクラブで認定コーチをしながら、20代ゴルフコンペの企画運営などをしている。ゴルフウェアブランド「マンシングウェア」の公式アンバサダーを務める。

撮影協力船橋カントリークラブ〒270−1415 千葉県白井市清戸703TEL047-497-0236 FAX047-497-0245

高橋真之介