安全靴や作業着などを販売するミドリ安全株式会社は、腰部保護ベルト一体型ゴルフパンツ「MIDORI PF1」の2022年秋冬モデルを、9月12日よりWEBサイトで販売を開始しました。

「いつまでもプレーを楽しみたいと願うゴルファーを応援したい」

 安全靴や作業着などを販売するミドリ安全株式会社は、腰部保護ベルト一体型ゴルフパンツ「MIDORI PF1」の2022年秋冬モデル4つの製品を、9月12日よりWEBサイトで販売開始。9月中旬以降は、ゴルフショップ(有賀園ゴルフ・二木ゴルフ<共に一部店舗を除く>)、Amazon、楽天市場での販売もスタートします。

エンボス裏起毛ウォームパンツ BOA エナメル ベージュ
エンボス裏起毛ウォームパンツ BOA エナメル ベージュ

 同社が、産業界で培った腰部保護の技術を生かし、「腰の悩みでゴルフをリタイアすることなく、いつまでもプレーを楽しみたいと願うゴルファーを応援したい」という理念のもとに、公益社団法人日本プロゴルフ協会と共同開発した「MIDORI PF1」。

 2019年から販売が始まった同商品は「腰にサポーターを隠すようにつける」「ズレるたび周りを気にしながら直す」そんな腰への不安からゴルファーを解放するために生まれた「腰部保護ベルト一体型ゴルフパンツ」です。

 今回発表されたのは、多機能ポケットでスマートなラウンドを叶える「ストレッチカルゼマルチポケットパンツ BOA」、上品なゼブラ柄で個性がプラスされた「ゼブラプリント撥水パンツ BOA エナメル」、全天候に対応できるオールマイティーなパンツ「STORMFLEECEハイスペックパンツ BOA」、暖かさをこの1着でコンプリートできる「エンボス裏起毛ウォームパンツ BOA エナメル」の4商品。

 腰に不安があるゴルファーが、従来サポーターやコルセットを使うことが多かった一方で、ラウンド中にずれてしまうケースや、休憩時などに取り外す煩わしさを、パンツとベルトを一体化することで解消。

 高機能性ワーキングパンツに使用していた特許取得構造の「イージーフレックス構造」と、ゴルフシューズにも使用されている「BOAフィットシステム」を組み合わせることで、どんな姿勢でもその人の腰にあった最適な位置をキープするゴルフパンツが完成しました。

 下腹部をしっかり締めることで腹圧を高める効果があり、ティーショットからパッティングまで常に腰をホールド。最終ホールまでベルトがズレにくく、腰部への負担が軽減し、安定したサポートが得られるため、思い切ったスイングが可能になっています。

 腰の悩みや不安から「ゴルフが楽しめない」というストレスを抱えているゴルファーは、一度試してみる価値がありそうです。

<商品概要>

・ストレッチカルゼマルチポケットパンツ BOA 23100円(税込み) グレー/ネイビー・ゼブラプリント撥水パンツ BOA エナメル 23100円(税込み) チャコール/ネイビー・STORMFLEECEハイスペックパンツ BOA 23100円(税込み) チャコール/ネイビー・エンボス裏起毛ウォームパンツ BOA エナメル 25300円(税込み) ベージュ/ネイビー

e!Golf編集部