軽量“ぶっ飛びアイアン“の元祖として長年ヤマハの人気シリーズだった「インプレス UD +2」が大幅アップデート。新作「インプレス ドライブスター」シリーズは、どんな特徴があるのでしょうか?

今までの“やさしいぶっ飛び系”は美顔じゃなかった!?

 長年ヤマハの人気シリーズ「インプレス UD +2」は、その名のとおり「2番手飛ぶ」ぶっ飛びアイアンのパイオニアになりました。現在では多くのメーカーからロフトが大幅に立ったアイアンが発売され、ぶっ飛び性能「プラスα」の魅力が求められています。

前作「UD +2」から「いい顔革命。」のアップデートがされた、新作「インプレス ドライブスター」シリーズ
前作「UD +2」から「いい顔革命。」のアップデートがされた、新作「インプレス ドライブスター」シリーズ

 10月21日に発売される新作「inpres DRIVESTAR(インプレス ドライブスター)」は、高い性能を踏襲しながらゴルファーが好む「いい顔」を実現したとのこと。確かに「やさしい」「ぶっ飛び」クラブは、必ずしも「いい顔」ではなかったのも事実。というより、「やさしい顔」の定義がゴルファーの中で変化してきたのかも知れません。

 例えばアドレス時のフェース向きで言うと、「つかまる安心感」を出すほど「左に行きそうな」閉じた見た目とヒール側のボリュームが大きくなっていました。

 新作「インプレス ドライブスター」は、ゴルファーの「相反するリクエスト」に応えるべくギリギリのバランスを取った「いい顔革命。」を実現しています。

徹底した“ぶっ飛び”と“直進性”を実現

 曲がらないショットを実現するために「高MOI」と呼ばれる慣性モーメントが高いヘッド設計が現代ドライバーの主流になっています。

インパクトエネルギーをボール初速に最大化する「BOOSTBOX(ブーストボックス)」や打点の科学、高いヘッド左右MOIを達成した「COUNTERWEUGHT SUSTEM(カウンターウェイトシステム)」を搭載
インパクトエネルギーをボール初速に最大化する「BOOSTBOX(ブーストボックス)」や打点の科学、高いヘッド左右MOIを達成した「COUNTERWEUGHT SUSTEM(カウンターウェイトシステム)」を搭載

 新作「インプレス ドライブスター」ドライバーは、ヘッドMOIの中で特に左右MOIに着目。通常この数値を大きくするとヘッドの投影面積は大きくせざるを得ないところですが、ヤマハ独自の設計&製法で高い性能とルックスのバランスを実現しています。

男女ゴルファー別に「本気」の設計に

 新作「インプレス ドライブスター」シリーズで特筆すべきポイントは、男女モデルそれぞれに適した素材と製法を採用しているところです。

 メンズドライバーは弾道とルックスのトレンドと調和に重きを置いたカーボンクラウンヘッド。装着シャフトには人気ブランド藤倉コンポジット「SPEEDER NX for Yamaha M423d」を採用。フレックス別にグリップ重量を変えるスペックのこだわりも注目ポイントでしょう。

「インプレス ドライブスター」のメンズ・レディースシリーズは、それぞれ素材&製法&装着シャフトが異なる「完全専用設計」に
「インプレス ドライブスター」のメンズ・レディースシリーズは、それぞれ素材&製法&装着シャフトが異なる「完全専用設計」に

 アイアンには「やさしさ」と相反する「シャープさ」を既存&新規ユーザーに受け入れてもらえるギリギリのデザインにしています。装着シャフトにも今までになかったこだわりがあります。Sフレックスには、高弾道が打ちやすい日本シャフト「N.S. PRO 850GH neo」のスチールシャフト、SR &Rフレックスには「SPEEDER NX for Yamaha M423i」カーボンシャフトをミックスするラインアップになっています。

 一方レディースモデルはドライバーにフルチタンヘッドを採用。専用設計シャフトは三菱ケミカル人気沸騰中の「VANQUISH for LM423d」を装着し、豊富なスペックを用意しています。

 アイアンはセットクラブを使用する傾向の女性ゴルファーのためにウェッジをブラッシュアップ。女性ゴルファーによる女性ゴルファーのためのクラブを形にしています。

「やさしい」も「いい顔」もゴルファーそれぞれの価値観と好みで異なりますが、どちらも「ゴルファーにとって重要な性能」と捉え発売されるヤマハ新作「インプレス ドライブスター」シリーズ。音楽機器やモータースポーツ等で世界的に評価を得ている「YAMAHA」の、ものづくりに対する真摯さやプライドを感じました。

猿場トール