ミズノ株式会社は、グレインフローフォージドHD製法の軟鉄ウェッジと重心センター設計が融合した「S23ウェッジ」を9月16日に発売すると発表しました。

ヒール側の重量をトウ側に付与した重心センター設計

 ミズノは、グレインフローフォージドHD製法の軟鉄ウェッジに、重心センター設計を施した「S23ウェッジ」を9月16日に発売。センター重心により、ウェッジで求められるショット、アプローチの場面で飛距離が安定するモデルに仕上がっています。

ミズノの新作「S23ウェッジ」 (左)カッパーコバルト仕上げ、(右)ホワイトサテンブラッシュ仕上げ
ミズノの新作「S23ウェッジ」 (左)カッパーコバルト仕上げ、(右)ホワイトサテンブラッシュ仕上げ

 ミズノによると、多くのゴルファーはアプローチショットにおいてトウからセンターで打つ傾向があるといいます。そのため「S23ウェッジ」では、バックフェースのデザインをヒール側が薄くトウ側が厚い構造を採用。ヒール側で浮いた重量をトウ側に付与することにより、センター重心をを実現しました。

 これによって、ヒール重心のウェッジよりもスイートスポット近くで打つことができ、ヘッドが当たり負けず、飛距離がロスしにくい効果が生まれます。

 また、1本の丸棒をフェースからネックまで一体成型するミズノ独自の鍛造製法「グレインフローフォージドHD製法」と銅下メッキを採用し、心地良い打感を追求。

 そして、時松隆光、西郷真央ら契約プロからも高い評価を受ける「ミズノプロ S18」の形状をさらにアップデートした形状になっています。

 ソールは、ツアーからのフィードバックを取り入れた新しいソールグラインド設計で、「S」(44〜58度)、「D」(54〜58度)、「C」(56〜60度)、「X」(58〜62度)の4種類をラインアップ。「S」は44〜62度までの豊富なロフト角が1度刻みでそろいます(カスタムオーダー対応含む)。

 ゴルファーそれぞれのヘッドスピードに合わせて、100ヤード以内の距離をカバーする最適なロフト角を選ぶことができるでしょう。

 ボディーは、同社の「JPX」シリーズと同じ「ホワイトサテンブラッシュ仕上げ」と、新仕上げ「カッパーコバルト仕上げ」の2種類が用意されています。

「オートマチックに距離を打ちたい」「ウェッジが思ったより距離が飛ばない」というゴルファーにオススメです。

e!Golf編集部