アイアンショットでシャンクが出ると、OBやハザードにつかまり大叩きの原因になります。それどころか、自信を持ってスイングできないので、ほかのミスまで誘発する危険すらあります。そこで今回は、高橋竜彦プロにシャンクが出た時の対処法を教えてもらいました。

シャンク防止で大切なのは「フェース面を下に向けたままクラブを下ろす」こと

 シャンクとは、ボールがクラブヘッドのネック部分に当たり、右斜め前に向かって打ち出されることを言います。

 なぜネック部分でボールを打ってしまうかと言えば、クラブフェースが開いた状態でインパクトを迎えるからです。本来は開いたフェースを閉じながらクラブを下ろし、スクエアになった状態でインパクトを迎えたいところですが、その動作が間に合わないことで開いたままボールを打ってしまっています。

左腕を外側に回す動きがあると、インパクトでフェースが開きにくくなる。ダウンスイングではフェースを下に向けた状態でクラブを下ろす
左腕を外側に回す動きがあると、インパクトでフェースが開きにくくなる。ダウンスイングではフェースを下に向けた状態でクラブを下ろす

 フェースを閉じる動きが間に合わないのは、体の開きが早いからです。さらに、クラブヘッドが下からすくい打つような動きになり、手元が浮いてしまうことにも原因があります。

 手元が浮かないようにするには、ダウンスイングでフェース面をできるだけ下に向けた状態で下ろしてくること。

 その際、単に手先だけでクラブを下ろしてもフェース面は下を向きません。左腕を外側に回す意識を持ちましょう。この左腕の動きを外旋と呼びますが、外旋することでフェースが閉じるようになり、インパクトでフェースが開きにくくなるため、シャンク防止にも役立ちます。

両足を閉じたハーフショットで左腕の外旋を確認

 基本的に外旋するのは左腕だけです。バックスイングの際に右腕を外旋する必要はありません。あくまでも体の回転に伴い、腕とクラブを上げていきましょう。

 ダウンスイングで左腕を外旋してほしい理由は、シャンクする人の腕の運動量が少ないからです。体の開きに遅れることなく、開いたフェースを閉じるには、手先の動きに頼っては難しいでしょう。左腕を外旋させることで、体の早い開きにも対応できるのです。

両足を閉じた状態でハーフショットを行うと、左腕を外旋するイメージを出しやすい
両足を閉じた状態でハーフショットを行うと、左腕を外旋するイメージを出しやすい

 この動きを身につけるドリルとしては、両足を閉じた状態でハーフショットを行います。もちろん、左腕の外旋を意識してクラブを下ろします。

 両足を閉じるのは、下半身の動きを抑えることで、腕の運動量を増やしたいからです。また、両足を開いたときよりも左腕を外旋するイメージを出しやすいというメリットもあります。

 腕の運動量が少ない人は、ボールをしっかりミートできず、ボールの上部を叩くミスが出ます。ボールをフェースの芯でミートできるまでこの練習を続けましょう。本番でシャンクが出たら、このドリルを思い出すことです。シャンクが止まらなくなったら、両足を閉じて打ってみましょう。

取材協力・木更津ゴルフ倶楽部(千葉県袖ケ浦市)

【指導】高橋竜彦(たかはし・たつひこ)

1974年6月6日、福岡県生まれ。全国高校ゴルフ選手権で優勝して日本大学に進学。関東学生、朝日杯日本学生を制する。97年にプロ転向後は2005年にアイフルカップ、06年に日本ゴルフツアー選手権に優勝。高校、大学、プロで日本タイトルを獲得。現在はトーナメントに出場するかたわら、ABEMAツアーの解説も行う。ジャパンクリエイト所属。

山西英希