思うようなスコアが出せず、悔しさからラウンド終了後に練習したいと考えるゴルファーもいます。では、ラウンド後に練習する場合、何をどんなことを意識して打てば効果的なのでしょうか?

ラウンド終了後はとにかくパターとアプローチ練習!

 ゴルフのラウンドは、その日の天候や自身のコンディションによってもスコアが大きく変わってきます。そのため、練習の成果や納得のいくスコアが出せず、満足のいく内容で帰れることは滅多にないというアマチュアゴルファーも少なくないです。

あまり打ちすぎるのも良くないようです 写真:AC
あまり打ちすぎるのも良くないようです 写真:AC

 車内で1日のラウンドを振り返り、ミスショットした原因やコースマネジメントの仕方などを反省しながら帰宅しているという人も多いかもしれません。また、ラウンドで自身の実力不足を痛感し、ゴルフ技術の上達やスコアアップのために、いますぐ練習したいと考える人もいるでしょう。

 では、ラウンド終了後に練習をする場合、どのような練習が効果的なのでしょうか? レッスンプロの三浦辰施氏は、以下のように話します。

「ラウンド後の練習で意識することは『その日多くミスしたこと』です。それと同時に、ゴルフ場では『パターとアプローチ』を練習するべきだと思います。やはり、スコアを縮めていく上で、パターとアプローチの上達は必要不可欠ですし、日常的に綺麗なグリーンで練習できる人は少ないと思うので、その日のパターやアプローチでミスしてしまった場面を想定して、自分が苦手としている部分を重点的に練習すると良いでしょう」

 基本的に、ビギナーが目標とする「スコア100切り」には、大きな飛距離は必要ありません。パターやアプローチなどのコントロールショットで、いかに正確に打てるようになるかが重要になってくるので、実戦的なグリーンで練習できることは上達への近道になります。

 しかし、ゴルフ場によっては、ラウンド終了後のパターやアプローチの練習を禁止しているところもあるので、スタッフやキャディーさんに確認してみると良いでしょう。

ラウンド後のフルショットはスイングを崩す場合も

 また、練習場でショットの練習をする場合は、やりすぎないことが大切であると三浦氏は話します。

「『その日ラウンドでうまくいかなかったショットは?』と問われると、大抵の人はドライバーやフェアウェイウッドと答えたくなるかもしれませんが、良いスコアで回れる人は、60〜100ヤードのアプローチショットをしっかりとグリーンに乗せられたかを重要視します。なので、クールダウンぐらいの気持ちで、コントロールショットから始めて、最後にフルショットをしてみて、数回良い当たりが出たらやめるぐらいでいいと思います。ラウンド終了後は疲労が溜まっているので、練習しすぎると疲れてしまい、逆にスイングを崩してしまう可能性もあります。40〜50球ぐらい打つのがベストで、多くても100球以内を目安にすると良いでしょう」

 このように、ドライバーやフェアウェイウッドなど飛距離の出るクラブの練習をするのではなく、パターやアプローチショットなどのアマチュアゴルファーがスコアに直結しやすいクラブをラウンド終了後にも極めていくのが良さそうです。「ドライバーやフェアウェイウッドなどの飛距離の出るクラブは、普段の練習で練習していくと良い」と、三浦氏は話します。

 ラウンド後だけでなくラウンド前の練習も、早めに到着してパターやアプローチを重点的に行うと良いでしょう。

ピーコックブルー