目の前に木がある時や左サイドの林にティショットを打ち込んだ時など、インテンショナルフックを打ちたいなと思ったことはありませんか? 自由に打てるようになれば、風向きやピン位置に合わせてグリーンに対する攻め方のバリエーションも広がります。

肩、腰、ヒザのラインを右に向け、さらに右足を下げる

 インテンショナルフックとは、ただ左に曲がるボールを打つことではありません。ボールを左に曲げながらも目標に対して近づけていくことに意味があるのです。単に左に曲がる球なら引っかけと同じです。ボールの曲がりを計算しつつ、目標に対してボールを近づけるには、目標の右にボールを打ち出すことです。

 具体的な打ち方を説明しましょう。まず、アドレスですが、肩、腰、ヒザのラインは目標の5〜10メートル右に合わせます。基本的にスタンスも同じ向きですが、そこからさらに右足を下げてクローズスタンスの度合いを大きくします。

目標の右に向かって構えたら、開いたフェースを閉じながらインサイドアウトの軌道で振る
目標の右に向かって構えたら、開いたフェースを閉じながらインサイドアウトの軌道で振る

 クラブフェースは目標ではなく、目標の5〜10メートル右に合わせます。体のラインと同じ方向です。  これで普通に体のラインに沿ってクラブを上げて下ろし、フィニッシュまで振り抜けば、目標の5〜10メートル右にボールが真っすぐ飛んでいくでしょう。しかし、出球はそれで構いませんが、途中から左に曲げたいので、スイングを少し変えましょう。

 基本的には、バックスイングで開いたフェースをダウンスイングからインパクトにかけて閉じ、そのまま閉じながらフォロー、フィニッシュまで振り抜きます。このフェースの開閉がなければ、ボールは左に曲がりません。

 あとは、体のラインに沿ってクラブを振り抜けば、インサイドアウトの軌道となり、ボールは目標の右へ出た後、目標に向かって左に曲ります。

フェース面を目標に向けると引っかけが出やすい

 インテンショナルフックを打つ際は、クラブフェースの向きに注意しましょう。体のラインを右に向けてもフェース面は目標に向けるという理論もありますが、正直、上級者向けです。

 アベレージゴルファーの場合、フェース面を目標に向けると、どうしてもそちらにクラブを振る傾向があります。結果的にアウトサイドインの軌道になり、目標の左サイドにそのまま打ち出してしまうため、引っかけが出ます。

フェース面も体のラインと同様に目標の右に向けて構える
フェース面も体のラインと同様に目標の右に向けて構える

 また、ボールを右に打ち出しているものの、そのまま真っすぐ飛んでいき、左に曲らないという人は、インサイドアウトの軌道で振っていないか、フェースの開閉ができていないことが考えられます。

 フォローで左ヒジを抜いたりせず、目標の右に向かってヘッドを出していきましょう。その際、フェースを返すことを忘れないようにすると、ボールは自然に左へ曲がります。

取材協力・木更津ゴルフ倶楽部(千葉県袖ケ浦市)

【指導】高橋竜彦(たかはし・たつひこ)

1974年6月6日、福岡県生まれ。全国高校ゴルフ選手権で優勝して日本大学に進学。関東学生、朝日杯日本学生を制する。97年にプロ転向後は2005年にアイフルカップ、06年に日本ゴルフツアー選手権に優勝。高校、大学、プロで日本タイトルを獲得。現在はトーナメントに出場するかたわら、ABEMAツアーの解説も行う。ジャパンクリエイト所属。

山西英希