日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が公式ツイッターで、原英莉花のあわやホールインワンという動画を公開。原本人もリツイートする形で「入ってくれちゃえばいいのにーっ」と残念がりました。

「15番でアレはホントにスゴイ」「復調の兆し」

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が公式ツイッターを更新。原英莉花のあわやホールインワンというスーパーショットを動画で公開しました。

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のツイッター(@JLPGA_official)より
日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のツイッター(@JLPGA_official)より

 9月23〜25日に行われた国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の最終日、15番パー3で原が放った打球はピン筋に真っすぐ。そのまま入るかと思われましたが、ボールはほとんどカップを覗くようにして通過。ギャラリーのため息が漏れました。

 これには原本人もJLPGAの動画をリツイートする形で「入ってくれちゃえばいいのにーっ」と残念がり、ファンも呼応する形で「15番でアレはホントにスゴイ」「復調の兆し」「来週のメジャータイトルのなにかの予感(原文ママ)」「はいれーーーっ!!て、テレビ観ながら叫びました」といった反響が寄せられました。

 直接カップインとはいかなかったものの、ボールはピンそば10センチに止まり、このホール、原はタップインの楽々バーディー。通算7アンダーの8位タイでフィニッシュしました。今週の日本女子オープンでの今季初勝利、大会2勝目に期待がかかります。

原 英莉花(はら・えりか)

1999年2月15日生まれ、神奈川県出身。2018年プロテスト合格。“黄金世代”の1人として18年から早くもシード獲得し、翌19年には初優勝。20年には日本女子オープン、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップと公式戦2冠を達成した。NIPPON EXPRESSホールディングス所属。

e!Golf編集部