目の前の障害物を避けるだけでなく、右サイドに立っているピンを狙うときにも有効なインテンショナルスライス。スライスがかからず真っすぐ飛んでもグリーンに乗るし、予定どおり右に曲ればピンに寄るからです。しかし、フォローで左ヒジを抜くことだけは厳禁。左ヒジを抜かずにインテンショナルスライスを打つ方法を身につけましょう。

スタンスの向きに沿ってクラブを上げて下ろす

 アベレージゴルファーにとっては、インテンショナルフックを打つよりもインテンショナルスライスを打つほうが簡単だと思うかもしれません。

 しかし、いざ意識的にスライスを打てといわると、意外に打てなかったりします。その理由は、スライスを打つメカニズムを明確に理解していないからです。きちんとボールを左に打ち出して右に曲げるスライスと、最初から右に打ち出して右に曲がるプッシュスライスは異なります。まずは、しっかりとスライスのメカニズムを理解しましょう。

 アドレスでは肩、腰、ヒザのラインとスタンスを、ボールと目標を結んだターゲットラインに対してスクエアに合わせます。そこから左足を後ろに引いてオープンスタンスに構えます。同時に、体のラインも目標の左に向けましょう。

スタンスの向きに沿ってクラブを上げたら、スタンスの向きに沿ってクラブを振り抜く
スタンスの向きに沿ってクラブを上げたら、スタンスの向きに沿ってクラブを振り抜く

 さらに、フェースを1〜2度ほど開き、ボールを通常よりも1個ぶん左に置きます。このとき、クラブを握ってからフェースを開くのではなく、フェースを開いてからクラブを握るのがポイントです。

 テークバックではスタンスの向きに沿ってアウトサイドにクラブを上げたら、ダウンスイングでもやはりスタンスの向きに沿ってクラブを振り抜きます。アウトサイドインのスイング軌道で目標の左に向かって振り抜くイメージです。

 フェースを開いたぶん、飛距離が落ちるのでインテンショナルスライスを打つときは番手を1つ上げましょう。どれだけ目標の左を向くかによって曲がり幅は変わりますが、自分なりに左を向く度合いとボールの曲がり幅を練習場で確認しておきましょう。

左ヒジを抜くと飛距離が極端に落ちる

 インテンショナルスライスを打つうえで禁物なのが、左ヒジを抜くことです。左ヒジを抜くとは、カット軌道でクラブを振りたいあまり、インパクト前から左腕を曲げて背中側に左ヒジを引く動きを言います。

 この動きを行うと、たとえスライス回転がかかったとしても飛距離が極端に落ちるため、グリーンをとらえることが難しくなります。やはり、左腕を伸ばした状態でインパクトを迎え、その後で徐々に左腕を曲げる動きが理想です。

スプリットハンドでクラブを握る。体の回転でスイングするので、左ヒジを抜く動作を予防できる
スプリットハンドでクラブを握る。体の回転でスイングするので、左ヒジを抜く動作を予防できる

 左ヒジを抜く動作がクセになっている人には、次のドリルが有効です。通常のグリップで握ったら、左手は動かさず、右手だけを形を崩さずにヘッド方向に移動します。右手と左手が離れたスプリットハンドでクラブを握るわけです。

 そのままアドレスしたら、20ヤード先にボールを打つつもりでスイングしてみましょう。フルショットは行わず、ハーフショットで十分です。少しでも左ヒジを抜く動きがあるとボールをヒットできません。体の回転でクラブを振ることで初めてボールをヒットできます。このドリルを続けていけば、自然と左ヒジを抜く動きを解消できます。

取材協力・木更津ゴルフ倶楽部(千葉県袖ケ浦市)

【指導】高橋竜彦(たかはし・たつひこ)

1974年6月6日、福岡県生まれ。全国高校ゴルフ選手権で優勝して日本大学に進学。関東学生、朝日杯日本学生を制する。97年にプロ転向後は2005年にアイフルカップ、06年に日本ゴルフツアー選手権に優勝。高校、大学、プロで日本タイトルを獲得。現在はトーナメントに出場するかたわら、ABEMAツアーの解説も行う。ジャパンクリエイト所属。

山西英希