今日から4日間の日程で開幕する日米女子ツアー共催「TOTOジャパンクラシック」。昨年大会の覇者・古江彩佳が前日の公式会見で意気込みを語った。

「傾斜があるグリーンでパーセーブを」

◆国内女子プロゴルフ<TOTOジャパンクラシック 11月3〜6日 瀬田ゴルフコース北コース(滋賀県)6616ヤード・パー72>

「調子は良くもなく悪くもなくボチボチです」

 今日から開幕する日米女子ツアー共催「TOTOジャパンクラシック」の前日公式会見で、古江彩佳は開口一番にそう語った。

ディフェンディングチャンピオンとして大会連覇の期待がかかる古江彩佳 写真:Getty Images
ディフェンディングチャンピオンとして大会連覇の期待がかかる古江彩佳 写真:Getty Images

 今季から米ツアーが主戦場の古江。10月のNOBUTA GROUP マスターズGC レディースに出場し、8位タイで戦いを終えた後、先週は地元で休養。

「あまりゆっくりもできませんでした。疲れもたまっているので、休みながらも練習はしていました」と今大会に向けて自分のペースで調整を続けていた。

 古江が優勝した昨年はコロナ禍で日本単独開催に。米ツアーとの共催は実に3年ぶりで、古江にとっても日本での米ツアー出場は初となる。

「連覇がかかっているといっても今年は日米共催の大会。そこまで連覇を意識しないようにして頑張りたいです」

 気を付けたいポイントはグリーンの傾斜。「傾斜があるグリーンでうまくパーセーブできればいいと思っています。上りのパットを打てるところに置けば、メンタル的にも楽になるので、そこを意識していきたい」。

 調子は“ボチボチ”と言うが、ぬかりはない。きっちりとスコアをまとめるポイントは押さえている。

 また、会見では男子ゴルフ界で注目の蝉川泰果の話になった。アマチュアながらプロツアーで2勝し、10月31日にプロ転向。古江とは同学年で「小学校からラウンドしたことがある」仲だ。

「小学2〜3年の時からうまくて、ドライバーも飛んでいたし、早く追いつきたいなと思っていた」と懐かしむ。

 知人の快挙に刺激を受け、大会連覇に挑戦だ。

古江 彩佳(ふるえ・あやか)

2000年5月27日生まれ、兵庫県出身。アマチュア時代の19年に「富士通レディース」でツアー史上7人目のアマチュア優勝を成し遂げてプロ転向。20年にプロ初勝利を飾り、アマ時代を合わせ国内ツアー通算8勝。賞金女王争いでは稲見萌寧にあと一歩及ばなかったものの、最優秀選手賞と新人賞に輝いた。今季から米国女子ツアーに参戦し、トラストゴルフ・スコティッシュ女子オープンで同ツアー初勝利を遂げた。富士通所属。

キム・ミョンウ