今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2022年10月のドライバーランキングです。

有賀園ゴルフで2022年10月に売れたドライバーベスト5

 今、売れているドライバーはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ステルス グローレ ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

ステルス グローレ ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
ステルス グローレ ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 60層のカーボン素材からなる「カーボンフェース」と「ツイストフェース」を融合。インパクト時のエネルギー効率を上げ、ボール初速を飛躍的に高めます。フェースの軽量化や、マルチマテリアル構造採用で生まれた余剰重量を、最適に配分し、慣性モーメントをアップ。ミスヒットにも強いやさしさと安定性をかなえたモデルです。2022年10月7日発売。メーカー希望小売価格:9万7900円(税込み)

ドライバー売り上げの4分の1を占めてダントツ1位

 発売前からの予約も多かったですね。元々のグローレユーザーはもちろん、ステルスを使いきれなかったお客様が「これなら、やさしいし、球が上がってくれるよね」と購入されるケースも目立ちました。

 僕自身も打ちましたが、ツイストカーボンフェースの効果もあり、とにかく曲がらない。打点がブレても、真っすぐに飛んでくれるという声が多かったです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 ステルス グローレ プラス ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

ステルス グローレ プラス ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
ステルス グローレ プラス ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 ステルスグローレと同様のテクノロジーを持ちながら、ネック部分にロフト調整機能を搭載したモデルです。ロフト角±2度、ライ角+4度の範囲で12通りのポジションにカスタマイズできます。シャフト交換も簡単にできるので、コースによって異なるシャフトで挑戦することができるなど、グローレファンが待ち望んでいた機能を搭載しています。2022年10月7日発売。メーカー希望小売価格:10万1200円(税込み)

ステルスHDからの乗り換え組も多かったです

 Mグローレ以降、接着ネックモデルのみでしたが、今回は調整機能付き軽量モデルのこちらもラインアップされました。

 ステルスHDでも球がつかまりきらなかった方が、購入し、今まで使っていたシャフトにつけかえて使うケースも多く感じました。

 また、ノーマルモデルだと球がつかまり過ぎるという方も、ロフトを調整して使うと購入されていました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 タイトリストTSR2ドライバー(アクシネットジャパン)

タイトリストTSR2ドライバー(アクシネットジャパン)
タイトリストTSR2ドライバー(アクシネットジャパン)

 多くのツアープレーヤーが求める美しさに安心感をプラスしたヘッドシェイプへと、前作から進化させたモデルです。フェースの広範囲で高いボール初速を生み出し、最新の空力デザインで、さらにスピード性能をアップ。高打ち出し、低スピンをかなえます。飛距離性能と許容性の双方を兼ね備え、心地よい打感と打球音にもこだわっています。2022年9月30日発売。メーカー希望小売価格:8万8000円(税込み)

フェードが打ちたい、左方向へのミスが怖いという方の支持を集めました

 左方向に飛ばしたくないという人はこちらを選択していました。

 真っすぐ飛ばしたいというよりは、多少ミスヒットでもフェード気味に収まって欲しいという方が購入していた印象です。

 左を怖がらず振れるし、構えやすいという声も多かったです。また3人に1人は「ツアーAD DI」や「ツアーAD IZ」といったプレミアムシャフトモデルを選んでいます。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 タイトリストTSR3 ドライバー(アクシネットジャパン)

タイトリストTSR3 ドライバー(アクシネットジャパン)
タイトリストTSR3 ドライバー(アクシネットジャパン)

 弾道調整システム搭載で、自分好みの弾道に調整が可能です。高いボールスピードと操作性を兼ね備え、風の中でも飛距離を最大化させる最適なスピン量を提供します。前作のTSi3の美しいシェイプと自信を与える打感・打球音はそのままに、空気抵抗を軽減し、さらにスピードパフォーマンスを向上させたことでスコアアップへと導きます。2022年9月30日発売。メーカー希望小売価格:8万8000円(税込み)

第5位 ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)
ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

 4種類あるROGUE STドライバーの中で、スタンダードの位置づけとなるモデルです。ややドローバイアスの設定で、これまで以上に高初速でストレートな弾道を安定して実現します。AI設計によるフェースや進化したJAILBREAK AIスピードフレームは、より効率化と最適化が図り、新構造のボディーで、インパクトのパワーを余すことなくボールに伝えます。2022年2月25日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

ヘッド特性に合わせて、アドレスやスイングを変えて打っては意味がありません(小室店長)

 秋の新製品が発売され、順位の入れ替わりも激しくなってきましたね。1位の「ステルスグローレ」は、予想通りの結果でした。

 カーボンフェースを採用したことで生まれた余剰重量を活かして、低深重心化を図っていて、球が上がりやすく、やさしいという声が多かったですね。ノーマルのステルスは打ちきれなかったけど、これなら! という声も多かったです。

 とはいえ、11月はピンの「G430」も発売になりますし、事前予約もかなり入ってきているので「ステルスグローレ」は首位を守り切れるのか、注目したい部分でもあります。

 さて、その「G430」シリーズや「TSR」シリーズ、「スリクソンZX」シリーズなど、最近は同一シリーズで複数のヘッドがラインアップされるケースも増えています。

 それぞれにターゲットユーザーが設けられ、より自分に合ったものを選びやすくなっているのですが、そういったものを打ち比べる際に、あまり事前情報を入れ過ぎないほうがよいと感じることがあります。

 もちろん、試打していただく前に簡単な商品説明はするのですが、あまり詳しくお話してしまうと、打つ前に先入観が入ってしまい、悪い影響が出ることも少なくないんです。

 例えばフェードが打ちやすいと説明をすると、左を向いて立ってしまったり、つかまりがよいと説明すると、クローズドスタンスに構えたりするケースです。それでは、クラブの性能を見極められなくなってしまいます。

 いつも通りのアドレス、スイングをしてどんな結果が出るのかを見ていかないと、最適なヘッドタイプを選ぶのは難しくなってしまいます。それもあって、僕は打つ前の説明は簡単にして、打ち終わって、結果を見ながら、詳しい説明をするようにしています。普段のスイングでどんな球が出るか、それを見ることが大切なのです。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美