素振りをするつもりが思わずダフってしまい、ティーイングエリアの芝を削ってしまったことがあるゴルファーもいるでしょう。そもそも、入念な素振りはティーショットの成功につながるのでしょうか。

ティーイングエリアでの素振りはほどほどに

 スイングの最下点が、ボールの手前になってしまうミスショットを「ダフリ」と言います。ゴルファー同士の会話の中でも、よく耳にするワードの一つです。

ティーショットの成功に素振りは必要? 写真:AC
ティーショットの成功に素振りは必要? 写真:AC

 ティーイングエリアでは、ティーアップするケースが多いので、クラブと芝が接触する可能性は比較的低いでしょう。

 その一方で、ティーショットでは2打目以降よりも入念に素振りをしてから打つ人が多く、その際にアイアンはもちろんドライバーでもダフってしまうことが少なくないようです。

 ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏は、そもそもティーイングエリアでの素振りは「あまり推奨できない」と言います。

 もちろん、素振り自体が禁止されているわけではなく、人によってはティーショット前のルーティンとして取り入れていることもあるでしょう。

 ただ、飯島氏は「ティーイングエリアで入念に素振りをする人が見られますが、その回数が多いほどダフるリスクも増すため、目土をする手間が増えかねない」と言い、「ティーイングエリアでの、むやみな素振りは控えたほうが良い」と話します。

 そのため、素振りは別の場所で行うのが良いかもしれません。クラフトマン兼レッスンプロの関浩太郎氏は、以下のように話します。

「ボールをセットするまで雑に素振りなどを行い、アドレスに入ってからが『長い』ビギナーが非常に多く見られます。これだと筋肉が萎縮してしまい、余計に打ちづらくなってしまいます」

「ですが、だからといって早く打てというわけではありません。もちろん、自分自身で気にしているクセや課題があると思うので、アドレスに入る前にティーイングエリア外で素振りをし、構えたら『3秒以内』に打つのが良いでしょう」

「アドレスに入る前に、考え事や素振りなどの準備は済ませておいて、構えたら『3秒以内』に打つ流れがビギナーにはオススメです」

 ティーイングエリアで素振りを多くしてしまうと、ティーショットまでの時間が間延びしてスロープレーになることも考えられます。

フェアウェイと同様に目土は必須

 ダフったことによってフェアウェイの芝が削れてしまった場合は「目土」をするのがマナーです。目土とは、削れてしまった芝の部分(ディボット)に砂を入れて平らにする行為を指します。

 ティーイングエリアでダフった場合も、フェアウェイと同様に目土をする必要はあるのでしょうか。

 前出の飯島氏は「ティーイングエリアでの目土も、フェアウェイと同様に行ってください」と話します。

 目土に必要な砂は、ゴルフカートに積載されているのが一般的です。また、ティーイングエリア付近に常備されている場合もあります。

 芝の保護はもちろん、後続グループが気持ちよくプレーするためにも、場所にかかわらずマナーの一つとして目土は必ず行うようにしましょう。

ピーコックブルー