国内シニアツアーのコスモヘルスカップで優勝し、6試合連続優勝の快記録の達成したタイのプラヤド・マークセン。数字で見ると一目瞭然の凄さとともに、無双の強さとは裏腹のやさしい人柄にも迫りました。

ボギーが1割未満なので、ほぼ“バーディー数=アンダーパー”

 11月3〜4日、国内シニアツアーのコスモヘルスカップが行われ、タイのプラヤド・マークセンが優勝しました。なんと6試合連続優勝の快記録の達成です。マークセンとはどんな選手なのでしょうか。

シニアツアー6連勝を成し遂げたプラヤド・マークセン 写真:PGA提供
シニアツアー6連勝を成し遂げたプラヤド・マークセン 写真:PGA提供

 コスモヘルスカップでは、最終日に2打差を逆転して優勝したマークセン。9月の日本シニアオープンに勝ち、2週空いて日本プロシニアからは5週間連続の優勝でした。これまでの記録は3試合連続優勝(1992年・天野勝)ですから、その倍の連続記録です。加えて、シニアツアーの通算勝利数記録を塗り替える通算21勝。5900万円余で今年の賞金王も確定しています。

 レギュラーツアーとはレベルが違うからそんなことができるんだ、と思われる方もいるでしょう。確かに20代、30代の選手たちのゴルフとは違いますが、年齢の縛りがある同じ土俵で、しかも実績ある選手たちの戦いなので、そうそう出来るものではありません。

 ここ数年で、レギュラーツアーで活躍した選手たちが続々とシニアに入ってきました。伊澤利光、丸山茂樹、深堀圭一郎、谷口徹、手嶋多一、藤田寛之、平塚哲二、宮本勝昌、久保谷健一、横田真一、横尾要……。レギュラーツアーの実績ではそうそうたる面々です。

 満50歳になってから出場資格が取得できるシニアツアーでは、1歳年を取るごとに飛距離が落ち、体が痛んでくると言われます。何人か集まると「体、どう?」と、ケガや病気の話になりがちです。還暦同窓会での「病気自慢」と同じです。今年のシニアツアーでは、これまで13試合で60歳以上の優勝者は真板潔(62)しかいません。

 マークセンは56歳です。賞金王争いでは53歳の藤田をこの6試合連続優勝で突き放しました。「活きのいい若手」を蹴散らした形です。

 マークセンの何が凄いのでしょうか。それは数字を見てみると浮かんできます。

 パーキープ率91.92%、バーディー数は33ラウンドで150個と、2部門で断トツの1位です。ボギーを叩かないので、積み上げたバーディー数だけアンダーパーになるといった感じで、トップに来るともうマークセンのもの、というパターンです。

 もともと飛距離はシニア屈指でした。3年前からティーアップを高くして飛ばしていましたが、時折曲げていました。今年の日本シニアオープン前にドライバーを替えてから「フェアウェイにしか行かない」という自信が出たそうです。クラブとの巡り合いでしょう。

 パッティングのスタイルもドライバーと同時期に変え、スタンスを少し広くしたことで、これまでチャンスを逃してきた2〜3メートルの距離が入るようになり、「3パットがなくなった」と言います。6試合連続優勝中、3パットはたった1回でした。

放したインコが夕方帰ってくるのを待つのが息抜き

平均で300ヤード近く飛ぶ上「フェアウェイにしか行かない」ドライバー 写真:PGA提供
平均で300ヤード近く飛ぶ上「フェアウェイにしか行かない」ドライバー 写真:PGA提供

 マークセンはタイ中部のホアヒンという街で生まれ、ゴルフ場のキャディーをしながら「お客さんのプレーを見て、自分で練習した。誰かに教わったことはありません」と、スイングはなんと独学です。

 シニアツアーで正式な計測はありませんが、164センチ、68キロの小柄な体で300ヤード近くは行くでしょう。飛距離の秘訣を聞いたことがありますが「自分がどうして飛距離が出るのか、自分で説明できない」と笑っていました。

 とにかくゴルフが好きで、常にゴルフをやっていないとだめな性分だそうです。「オフはありません」と、地元のタイはもちろん、アジアンツアーほかアジアの試合に出場し続けています。コロナ禍で日本に入国できなかった時も、小さくても出られる試合を見つけて出ていたそうです。

 日本では1997年から試合に出て、6勝を挙げています。2008年ダンロップフェニックスでは、その年に17歳でデビューして超がつく人気者の石川遼と優勝争いをして、完全アウェイの中を1打差で振り切ったシーンを覚えている方もいるかもしれません。

 子供は4人いて、長男は一時ゴルフをしていましたが、タイではその家の名誉に当たる「出家」をしたこともあって、今は続けていないそうです。その話をすると、ちょっと寂しそうな顔も見せます。息抜きは何か聞くと「飼っている犬を自宅のドッグランで散歩させることと、インコを3羽飼っているので、それを放して夕方帰ってくるのを待っていること」だそうです。

 日本での生活も長くなり、納豆はじめ日本食が好きだといいます。また「タイの暑さよりも日本のほうがいい」とも。日本語はまだ多くは話せませんが、相手の話すことはほぼ分かっているようです。

 コスモヘルスカップ後、いったん日本を離れてインドネシアの試合に出て、シニアツアー最終戦いわさき白露に戻ってくる予定です。体は大丈夫?「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と、両腕に力こぶのポーズ。前人未到の7試合連続優勝に突き進むのでしょうか。ひょっとしたらインドネシアの大会にも勝って8試合連続、ということになっているかもしれません。

赤坂 厚