そもそも、アマチュに大掛かりなスイング改造って必要? という疑問にインドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチは「クラブの使い方、特に手首周りの動きを調整するだけで大きなスイング改造しなくてもよいと思います」といいます。

手首の動きを3種類知っておくだけでスイングは改善する

 今どきのスイング用語は、ファッションのように難しい漢字やカタカナを使うのが流行になってます。でも、呼び方はともかく手首の動きには主に「タテ」「ヨコ」「回る」3つの動きがあります。

“手首の使い方”は3つの動きと役割を知っておくとクラブの使い方が改善できる
“手首の使い方”は3つの動きと役割を知っておくとクラブの使い方が改善できる

 ネット動画などには、手首を「使うか? 使わないか?」という極端な意見もありますが、意外と触れられていないのが「左右の手首」それぞれは、できる動きが同じではないということです。

 まず手首の「タテ」の動き。日本では長年「コック」や「コッキング」といわれています。この動きで、腕とクラブの角度が大きくなったり鋭角になったりします。

 実はこの動き、(右打ちの場合)左手は親指があるので上方向に大きく動きません。逆に下方向には結構動かせることが分かると思います。

手首を「タテ」の動きは、左手より右手の方が大きくなる
手首を「タテ」の動きは、左手より右手の方が大きくなる

 右手は手の甲側にも折れるので、比較的に上方向に動かせるのです。「コック」は主に右手の役割が大きいです。また、「ダフり」や「手元が浮いた」などインパクト時にクラブが落ちやすいのは、手首が下方向に動きやすいのが原因の一つです。

 グリップする前に前腕と指先を揃えておくと、過剰に「コック」が入ったりダフリトップを予防しやすくなります。特に女性ゴルファーの方には一度試してみて欲しいです。

“左腕を真っすぐ”にする「ヨコ」の動き

 手首を蝶番(ちょうつがい)のように使うヨコの動きは「手のひら側・甲側に折る」ので、最近は「掌屈(しょうくつ)」「背屈(はいくつ)」と呼ばれることが多くなっています。

 この動きはスイング中のフェース面に影響しやすく、トップでは右手が出前持ちのようになることでボールのつかまりとハンドファーストインパクトがしやすくなります。

蝶番を折るような手首の「ヨコ」の動きは、手のひら側に「掌屈(しょうくつ)」、甲側に「背屈(はいくつ)」とも呼ばれる
蝶番を折るような手首の「ヨコ」の動きは、手のひら側に「掌屈(しょうくつ)」、甲側に「背屈(はいくつ)」とも呼ばれる

「掌屈」とまで言わなくても、左手首と前腕が真っすぐな「フラットレフトリスト」なら、少しロフトが立ち気味にインパクトできるので、アイアンなどで飛距離を出しやすくなります。

“返す”や“回旋”を作る「回る」動き

 これまでのレッスンでは「手首を返す」といわれていた動きは、左右の手首が「回旋」、回るように入れ替わる動きのことを指します。走るようなヘッドの動きや開いているフェース面を真っすぐに戻しやすくなります。

 特にスライスや右にプッシュアウトしてしまう人は、この「回る」動きが苦手です。ついつい「ヨコ」の動きでクラブを振ってしまうため、当たりが悪くなったり手首を痛めてしまうことにもつながってしまいます。

「手首を返す」ような動きは、腕のツケ根から「回る」イメージを持つのがコツ
「手首を返す」ような動きは、腕のツケ根から「回る」イメージを持つのがコツ

 逆に左方向にフックや引っかけが出やすい人は、「回る」動きが無意識に過剰になっているので、ちょうどいい量をコントロールするのが難しいです。

「回る」動きがうまくできない人もやり過ぎてしまう人も、手首ではなく腕のツケ根に動きの源があるとイメージするのがコツです。腕を根っこから使うイメージを持つことで、小手先の繊細な動きではなくスイングの中の流れを感じやすくなります。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール