今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2022年10月のアイアンランキングです。

有賀園ゴルフで2022年10月に売れたアイアンベスト5

 今、売れているアイアンはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ステルス グローレ アイアン(テーラーメイド ゴルフ)

ステルス グローレ アイアン(テーラーメイド ゴルフ)
ステルス グローレ アイアン(テーラーメイド ゴルフ)

 トウ側に配置されていた金属を取り去り、生まれた余剰重量を最適配分する「トウラップテクノロジー」で、さらなる低重心設計を実現。ワイドなソール形状で、フェアウェイはもちろん、ラフからのショットも思い通りに振り抜けます。ミスヒットにも強く、優れた「飛距離」、「寛容性」、「フィーリング」を兼ね備え、誰もがやさしくプレーできるアイアンです。2022年10月7日発売。メーカー希望小売価格:5本セット(#6〜9、PW):カーボン・14万8500円(税込み)、スチール・14万250円(税込み)、単品(#5、AW、SW):カーボン・各2万9700円(税込み)、スチール・各2万8050円(税込み)

セット買いされる方が圧倒的に多かった印象

 ドライバーからセットで購入される方が目立ちました。飛距離も出て、構えやすい顔になったという声が多かったですね。

 低重心設計で自然にヘッドが下りてきて、ラクに球が上がるし総重量も軽いので、簡単に振り切れると評価されました。

 カーボンシャフトが人気ですが、スチールは軽量モデルより、N.S.PRO 950GH neoのほうが売れています。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 インプレスドライブスター アイアン(ヤマハ)

インプレスドライブスター アイアン(ヤマハ)
インプレスドライブスター アイアン(ヤマハ)

 飛び系クラブの先駆け的存在である「インプレス」の最新モデル。フェース裏にリブを効果的に配置し、一番たわむポイントを打点と重心に近づけて、効率的に初速アップを実現。圧倒的な飛びをもたらします。キャビティ部に高比重タングステンウェイトを搭載した低重心設計で高弾道をかなえながら、アイアンらしいシャープな形状も両立させています。2022年10月21日発売。メーカー希望小売価格:4本セット(#7〜9、PW):カーボン・スチールともに11万4400円(税込み)、単品(#5、#6、AW、SW):カーボン・スチールともに各2万8600円(税込み)

「プラス2番手の飛び」とうたわないでも飛び系アイアンとして人気

 UD+2の後継モデルですが、まったく異なるネーミングとなりました。それでも、飛び系アイアンの最新モデルと、みなさんに認識されています。

 前作よりもバックフェース側の出っ張りが気にならない形状で、構えやすくていいという声も多いです。

 ドライバーはランクインしませんでしたが、アイアンは人気が高いと感じさせてくれました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 ステルス アイアン(テーラーメイド ゴルフ)

ステルス アイアン(テーラーメイド ゴルフ)
ステルス アイアン(テーラーメイド ゴルフ)

 トゥ側の金属を取り去った、新開発「トウラップテクノロジー」により生まれた余剰重量をソール後方に設置し、さらなる低重心化を図ることでラクに球が上がります。また、独自の「マルチマテリアル構造」を進化させ、高初速化を図り、飛距離と寛容性をアップ。加えて、打球音や打感といったフィーリングにも優れたディスタンスアイアンとなっています。2022年4月1日発売。メーカー希望小売価格:5本セット(#6〜9、PW):カーボン・12万6500円(税込み)、スチール・11万円(税込み)、単品(#5、AW、SW):カーボン・各2万5300円(税込み)、スチール・各2万2000円(税込み)

新製品発売ラッシュにも関わらず、ベスト3に入るのはさすが

 カッコいい飛び系アイアンとして、人気を牽引しています。

 新製品がいろいろ出てきているのに、ベスト3に残っているのはさすがだと思います。

 SIM2シリーズまでは、アイアンが上位にランクインしにくかったのですが、ステルスになって「カッコよさとやさしさを兼ね備えている」という評価で、長く売れ続けています。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 ゼクシオ12アイアン(ダンロップ)

ゼクシオ12アイアン(ダンロップ)
ゼクシオ12アイアン(ダンロップ)

 さらに進化したチタンフェースアイアン。飛びの反発構造「REBOUND FRAME」をアイアンにも搭載し、フェースとボディをダブルでたわませて、ボールスピードをアップ。さらに、フェース下部の反発性能も向上させ、安定した飛距離を実現し、ミスヒット時の飛距離ロスも軽減します。ヘッドの加速と高弾道で大きく飛ばせるモデルです。2021年12月11日発売。メーカー希望小売価格:5本セット(#6〜9、PW):カーボン・13万7500円(税込み)、スチール・11万円(税込み)単品(#5、AW、SW):カーボン・各2万7500円(税込み)、スチール・各2万2000円(税込み)

第5位 221CBアイアン(ブリヂストンゴルフ)

221CBアイアン(ブリヂストンゴルフ)
221CBアイアン(ブリヂストンゴルフ)

 ツアープロの要求にこたえた本格軟鉄鍛造キャビティアイアン。独自の「ツアーコンタクトソール」で、抜けのよさをかなえるとともに、フェース厚をブレードに向かって厚くフローさせ、スピンをコントロールしやすい重心設計を採用しました。また、ロングアイアンにはデュアルポケットキャビティを搭載し、飛びと許容性を追求しています 。2022年9月9日発売。メーカー希望小売価格:6本セット(#5〜9、PW):スチール・13万2000円(税込み)ほか特注あり

「今回のランキングではやさしいモデルが目立っている気がします」(小室店長)

 予想どおり、テーラーメイドの「ステルスグローレ アイアン」が首位となりました。ドライバーからフェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンとセットで購入される方も目立っていました。

 逆に2位のヤマハ「インプレスドライブスター」は、ドライバーはランクインしていませんでした。ブランドによって、売れ方が異なるのも面白いですよね。

 先月、注目していたブリヂストンゴルフの221CBがベスト5入りを果たしました。今後、どのような動きをするのか注目したいですね。この後も新製品の発売が控えているので、順位の変動もありそうで、楽しみです。

 先月までのアイアンは、見た目もカッコイイ飛び系アイアンが上位を占めていましたが「ステルスグローレ」「インプレスドライブスター」のランクインで、一気に「オートマチック系のやさしいモデル」に人気がシフトした印象です。

 ロングセラーモデルで4位にランクインしている「ゼクシオ12」もそうですが、上げて下ろせば自然にナイスショットが打てるモデルが上位にランクインしていると感じました。

 一般のアマチュアゴルファーは、ナイスショットの確率はかなり低く、ほとんどの場合、芯をはずしたショットになっていると言っても過言ではないと思います。ですので、クラブを選ぶときは、ナイスショットしたデータを比較して選ぶのではなく、芯に当たっていないけど、どれくらいミスをカバーしてくれているか……で選ぶほうがオススメです。

 打ち比べてみるときは「どっちのクラブが助けてくれているか、ミスをカバーしてくれているのか?」で比較することをオススメします。ミスに強いクラブが、スコアメークを助けてくれる可能性は高いですからね。そういう意味でもオートマチックなやさしさを搭載したアイアンが、さらに人気を集めそうです。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美