3月に開幕した国内女子ツアーもいよいよ最終戦を残すのみ。年間女王をそうそうに決めた山下美夢有だが、最終戦では日本人初となる偉業に挑む。過去の達成者はレジェンド・朴仁妃のみというとんでもない偉業とは?

全メジャーで3位以内というすごい記録に挑む山下美夢有

 3月に開幕した女子ツアーは今週のJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでシーズンの幕を閉じる。公式競技(メジャー)でもある同大会では年間女王の座を確定させている山下美夢有がある日本選手初の快挙に挑む。それは何か?

 山下は今季メジャー第1戦のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップでシーズン初勝利を挙げて波に乗った。

常に安定した成績を残し、早々と年間女王のタイトルを決めた山下美夢有 写真:Getty Images
常に安定した成績を残し、早々と年間女王のタイトルを決めた山下美夢有 写真:Getty Images

 メジャー第2戦の日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯では3日目を終えて2打差首位に立ち、メジャー連勝の大きなチャンスを迎える。最終日も手堅くスコアを伸ばしたが、64を叩き出した川崎春花の見事なプレーに屈して2位に甘んじた。

 続くメジャーの日本女子オープンは3打差3位で迎えた最終日に最後まで優勝争いに食らいついたが惜しくも3位だった。

 つまり、メジャーでは優勝、2位、3位ときているわけだ。今週の最終戦でも3位以内に入れば、年間メジャー4戦すべてで3位以内ということになる。

 女子ツアーのメジャーが1試合増えて年間4試合になったのは2008年のことである。それ以降、4試合すべてで3位以内に入った選手は2012年の朴仁妃(韓国)1例だけ。日本選手は誰もいない。つまり、山下には日本選手初の快挙がかかっているわけだ。

 少し脱線するが、朴仁妃といえば世界のメジャーで7勝を挙げており、世界ランキングで計100週以上も1位に立っている超大物だ。そんな選手がなぜ日本のメジャー全試合に出ていたのかと疑問に思う方もいるかもしれない。

 実は、朴は2010年から3年間、日本でもプレーしていたのである。当時は米女子ツアーの試合数が激減していた時期で何人かのアジア出身米女子ツアーメンバーが試合数の多い日本に活躍の場を求めて参戦。朴も日本のQT(クォリファイングトーナメント)を受けて出場資格をつかみ、日米掛け持ちでやっていたのだ。

 そんな朴の2012年国内メジャー成績はすべて2位。さすがの安定感だが、惜しくも優勝には届いていない。

メジャーが少なかった時代でも達成者はレジェンドばかり

 日本選手では「4試合すべて5位以内」にまで枠を広げても1例あるだけ。その1例は2009年の諸見里しのぶだ。

 この年、諸見里はメジャー第1戦のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップと第2戦の日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯で優勝する。その後、第3戦の日本女子オープンは4位、最終戦は2位という結果だった。

「5位以内」と条件を緩めても、過去の達成者は諸見里しのぶだけ 写真:Getty Images
「5位以内」と条件を緩めても、過去の達成者は諸見里しのぶだけ 写真:Getty Images

 では、メジャーが年間3試合だった時代(1980〜2007年)はどうか。さすがに3試合ならば年間全メジャーで3位以内に入った経験がある選手の数は増える。

 その顔ぶれは岡本綾子(1982年)、ト阿玉(1983年)、大迫たつ子(1984年)、小林浩美(1989年)、福嶋晃子(1997年)、宮里藍(2006年)というもの。女子ツアーの歴史を彩って来た名選手ばかりだ。それくらいの実力がないと、メジャーの大舞台で安定して3位以内に入ることはできないのだ。

 歴史的な偉業に挑む山下にとって、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップへの出場は昨年に続いて2回目である。

 昨年は4日間通算4オーバーで40人中23位。まったく上位争いに加われなかった。

 だが、この1年で飛躍的に成長したことは誰もが認めるところ。昨年の順位は参考外といっていい。

 勝って優勝賞金3000万円を加えれば単一年での獲得賞金記録(2015年イボミの2億3049万7057円。2年にわたった昨シーズンは稲見萌寧が2億5519万2049円を記録)を塗り替えることもできる。さらにはもうひとつの日本選手初の快挙である平均ストローク70切りの可能性も残している。

 数々の記録に挑む最終戦。史上最年少で年間女王に輝いたシーズンを最高の形で締めくくりたいところだ。

宮井善一