「日本一ダンロップギアを愛する」PGAティーチングプロ横山健司と、様々なメディアで数多くの試打&計測を行っている筒康博コーチが新発売スリクソン「ZX MkII」ドライバー3機種「ZX5」「ZX5 LS」「ZX7」を試打しました。

「上がる」「曲がらない」のに初速は◎だった「ZX MkII」ドライバー

 自ら、歴代スリクソンシリーズを愛用している、ヨコヤマゴルフスクール代表・横山健司ティーチングプロと数多くのギアを試打&計測しつくしている、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチ。

 この2人が11月19日の発売前から“女子プロツアー4連勝”や“松山英樹選手が即投入”など話題の「スリクソン ZX MkII」ドライバーの3機種「ZX5 MkII」「ZX5 MkII LS」「ZX7 MkII」を試打しました。

発売前から女子プロ4連勝など話題が多いスリクソン「ZX MkII」ドライバーは、フルチタン採用以外にも数々のブラッシュアップが(左:横山プロ、右:筒コーチ)
発売前から女子プロ4連勝など話題が多いスリクソン「ZX MkII」ドライバーは、フルチタン採用以外にも数々のブラッシュアップが(左:横山プロ、右:筒コーチ)

 まずは「ZX5」ドライバー。前作と比較して、フルチタンヘッド採用による圧倒的なフィーリングと打球音の向上を強調する横山プロ。

「前作よりも打感も打球音も好きですね。やっぱりカーボンクラウン(前作)よりフルチタンの今作の方がインパクトのフィーリングが伝わる気がしますね。古い人間なのかな〜」

「それと、ヘッドの投影面積が大きくなって安心感があります。自分の好みに対しては大きすぎるけど、うちの生徒さんとかいいんじゃない?」(横山)

 普段はロフト10度を使用する筒コーチは、低いティーアップのレンジボール試打にも関わらず“打ち出し角”が得やすいと同意。

「僕は普段ドライバーのティーアップはボールの半分以上は上に出しますが、今回のようにわずかしかヘッドからボールが出ていない高さでも、打ち出し角がしっかり出ます。ロフト9.5度とは感じないくらい、構えた時にボールが上がるイメージが作れます」(筒)

 加えて、横山プロ&筒コーチが強調したのは「初速感&直進性」の高さでした。

「純正Diamanaシャフトだから自分には軽くて柔らかすぎるけど、インパクトのエネルギーが初速に出ている感じは“間違いなく前作以上”ですね。いつも同じ環境で打っているから肌で感じます」(横山)

「いや、いつも同じ環境下で打ち比べているプロの感覚は、一番飛んだ一発で比べるより価値はあると思いますよ」(筒)

「ZX7」より「ZX5 LS」の方がロースピン

「まさか、こんな試打結果になるとは!」と横山プロ。

 新たに登場した「ZX5 LS」は、ヘッドのシルエットこそ「ZX5」に近いもののロースピン性能に優れたドライバー。強弾道モデル「ZX7」に勝るとも劣らないほど、ふたつのモデルはデザインこそ違いますが、非常に近い弾道結果になりました。

「正直、僕じゃ9.5度は打てないと思います」と筒コーチが試打したところ、「ZX5 LS」で中高弾道のロースピンショットを連発。

「ややティーアップを高めにすれば、ヘッドスピードが速くない人でも飛ばせます。デザインの安心感と弾道のギャップがむしろ心地よいですね」(筒)

ヘッドスピードが速い横山プロも速くない筒コーチも、スリクソン「ZX5 MkII」ドライバー(9.5度)の弾道は、ともに“高打ち出し&最適スピン”で曲がらない高初速を実感
ヘッドスピードが速い横山プロも速くない筒コーチも、スリクソン「ZX5 MkII」ドライバー(9.5度)の弾道は、ともに“高打ち出し&最適スピン”で曲がらない高初速を実感

 男子プロを中心に絶大な評価の「ZX7」は、前作から変わらないアドレス時のシャープさと抜群の操作性&力強さが「まさに見た目どおり」と横山プロ。

「このモデルは大きく変わっちゃいけないモデル。でもフルチタンでフィーリングはよくなっているし、スピンが減っているのは間違いない。しかも操作性というか、ボールの飛び姿が美しいから好き」(横山)

 一方、筒コーチは、「見た目からいきなり上がり過ぎないヘッドデザインは、飛ばし屋好み。でも決してボールが上がらない訳ではないです」(筒)

「ZX5 LS」「ZX7」どちらも、強弾道ショットが非常に打ちやすい。ほんの少し「ZX5 LS」の方がスピンが少なく「ZX7」の操作性が高い印象
「ZX5 LS」「ZX7」どちらも、強弾道ショットが非常に打ちやすい。ほんの少し「ZX5 LS」の方がスピンが少なく「ZX7」の操作性が高い印象

 新発売スリクソン「ZX MkII」ドライバー3機種は、弾道傾向やヘッド形状の好みに加えて「打ってから選ぶモデルが変わるかも」と横山プロと筒コーチ。

「横山プロのように見た目とフィーリングから選んだとしても、弾道や直進性など試打していくうちに、“こっちもアリかも!”と迷ってしまうほど3機種それぞれ魅力があります。スリクソンのユーザーじゃなくても、打ってみて欲しいですね。ドライバーに対する“自分が求めている要素”を再確認できるのでは?」(筒)

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール