「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」で今季の全日程が終了した国内女子ゴルフツアー。山下美夢有がメルセデス&賞金の両ランキングでトップになり、台頭する若手を引っ張る存在となりました。では、生まれた年度別ではどの世代が一番賞金を稼いだのか? ランキングを作成しました。

2021年シーズンは“黄金”世代がダントツの1位だった

 今シーズンの女子ツアーが終了した。2001年度生まれの新世紀世代と呼ばれる山下美夢有と西郷真央がともにシーズン最多の5勝を挙げ、年間女王を決めるメルセデス・ランキングでも1、2位を占めた。2000年度生まれのプラチナ世代も西村優菜や吉田優利が活躍した。

 ここ数年、学年ごとに「○○世代」と呼ばれることが多い。では、今シーズン最も賞金を稼いだのはどの世代か? 昨シーズンは1998年度生まれの黄金世代が計10億円以上を記録して圧倒的な1位だったが果たして今シーズンは? 世代別獲得賞金のトップ5をカウントダウン形式で紹介する。

5位 1995年度生まれ世代 2億6053万6907円

 メルセデス・ランキング自己最高の9位に入った堀琴音やアース・モンダミンカップで初優勝を飾った木村彩子らの世代が昨シーズンより2ランクダウンして5位だった。シード入りしたのは堀、木村のほか野澤真央と金澤志奈で計4人。賞金を手にした選手数は全世代中2位となる16人だった。

4位 1999年度生まれ世代 2億6895万4771円

 昨シーズンまでは稲見萌寧が孤軍奮闘で、黄金世代とプラチナ世代にはさまれた「はざま世代」とも揶揄されていたが、今シーズンは菅沼菜々が急上昇。初優勝には手が届かなかったがトップ10回数は部門5位の15回を数え、約8619万円を稼いで賞金ランキングは9位に入った。

稲見萌寧に続き菅沼菜々も活躍した「はざま世代」は見事4位にランクイン 写真:Getty Images
稲見萌寧に続き菅沼菜々も活躍した「はざま世代」は見事4位にランクイン 写真:Getty Images

 稲見は賞金女王に輝いた昨シーズンからやや後退はしたが2勝を挙げてメルセデス・ランキング、賞金ランキングともに3位と存在感を示した。

3位 2001年度生まれ世代 3億6886万2574円

 獲得賞金約2億3502万円の山下美夢有、約1億3005万円の西郷真央という超強力2トップを擁する新世紀世代は昨シーズンから1ランクアップの3位にとどまった。

 実はこの新世紀世代、トップクラスはすごいのだが、極めて層が薄いという弱点がある。今シーズン、山下、西郷以外で賞金を手にしたのは米女子ツアーが主戦場の笹生優花を除けば賞金ランキング118位の永嶋花音しかいないのだ。

 賞金額では3位に甘んじたが、通算10勝は黄金世代の6勝を抑えて1位。シーズン前半は西郷が圧倒的な存在感を示し、後半は山下の強さが際立った。2022年に最も輝いたのはやはりこの世代だろう。

2位 2000年度生まれ世代 4億4943万9787円

 第2位はプラチナ世代。稼ぎ頭だった古江彩佳が米女子ツアーに軸足を移したが、昨シーズンと同じ順位を維持した。

 その要因は西村優菜が賞金ランキング2位となる約1億4915万円、吉田優利が同6位の約1億1444万円ときっちり結果を出したことに加えて新戦力が台頭してきたことも大きい。

 新しくシード入りしたのは後藤未有、阿部未悠、小倉彩愛の3人。プロ入り後は故障がちで苦戦していたアマチュア時代の世代エース・安田祐香もメルセデス・ランキング53位とシード入りまであと一歩に迫った。昨シーズンまでは古江、西村、吉田の3人が抜けた存在だったが、徐々に底上げされてきた印象がある。

1位 1998年度生まれ世代 5億7847万6886円

 やはり黄金世代は強かった。これでプロ1年目の2018年から4シーズン連続で世代別獲得賞金1位となった。

 要因は他を圧倒する層の厚さだ。賞金を獲得した選手は最多の22人。賞金ランキング50位以内は昨シーズンより1人減ったとはいえ世代別では最多の7人を記録した。

「黄金世代」を引っ張り1億円以上稼いだ勝みなみと小祝さくら 写真:Getty Images
「黄金世代」を引っ張り1億円以上稼いだ勝みなみと小祝さくら 写真:Getty Images

 1億円を超えたのは勝みなみと小祝さくら。勝は自己最多となる約1億3677万円を稼ぎ、賞金ランキングでも自己最高の4位に入った。

 ただ、続々と新しい世代が出てきており、後続との差は詰まってきている。昨シーズンの総獲得賞金は2位プラチナ世代の2.0倍だったが、今シーズンは1.3倍にとどまっている。

 トップ5には入れなかったが高校を出たばかりの2003年度生まれが約2億0943万円で7位と健闘した。川崎春花が2勝を挙げて賞金ランキングは9位。尾関彩美悠も初勝利を挙げた。

 初優勝から2週連続で勝った岩井千怜らの2002年度生まれは約1億7510万円で10位。来シーズンはこの2002、2003年度世代が伸ばしてくるだろう。世代間の争いはさらに激化していきそうだ。

宮井善一