あるホールで急にトリやダブルパーを叩きスコアが崩れる……、そんな経験は誰にでもあります。大叩きする原因の一つは、トラブルからリカバリー失敗です。そこで、ティーチングプロの勝又優美に、様々なリカバリーショットの打ち方を教えてもらった。今回のテーマは「ラフとカラーの境目からのアプローチ」。

ウェッジを使うと大オーバー&大ショートしやすい

 セカンドショットでグリーンをとらえた! そう思ったら、ボールがコロコロと転がってグリーンの外へ。しかも、ラフに寄りかかるようにボールが止まっている……。カラーとラフの境目に止まったボールは、どうやって打てばいいのでしょうか。

ラフとカラーの境目にボールが止まっている時は、ウェッジのアプローチは危険。UTを使うことで安全に脱出できる
ラフとカラーの境目にボールが止まっている時は、ウェッジのアプローチは危険。UTを使うことで安全に脱出できる

 グリーン周りのアプローチでは、ウェッジを使うケースが多いと思います。しかし、このシチュエーションでウェッジを使用するのは危険です。

「ラフの抵抗に負けないように」と強くインパクトすると、パンチが入って大オーバーする可能性があるし、「飛びすぎに注意しよう」と慎重に打つと、インパクトが緩んで大ショートしてしまうかもしれません。

グリーンとカラーの境目を見ながら素振りをしよう

 ラフとカラーの境目にボールが止まった時は、UT(ユーティリティー)でアプローチをすると簡単に脱出することができるんです。

 UTをオススメするのはいくつか理由があります。ひとつはフェースがボールを弾きやすいため、小さい振り幅でボールを飛ばせること。また、アイアンやウェッジに比べてフェースが薄く、芝の抵抗を受けにくいこともメリットです。さらに、ソール幅が厚くヘッドが刺さりにくいため、打点が狂いにくいのもオススメする理由です。

ユーティリティーのアプローチは小さい振り幅でもしっかり転がすことができる。グリーンとエッジの境目にキャリーさせるイメージを持つと距離感が合いやすい
ユーティリティーのアプローチは小さい振り幅でもしっかり転がすことができる。グリーンとエッジの境目にキャリーさせるイメージを持つと距離感が合いやすい

 続いて、UTでアプローチをする際の注意点を紹介しましょう。まずは狙い所の設定です。小さい振り幅でボールを飛ばせるとお伝えしましたが、想像の3倍くらいボールが転がると考えてください。

 ピンまでの残り距離にもよりますが、基本的にはピンまで打とうとせず、グリーンとカラーの境目あたりにキャリーさせるイメージを持つといいでしょう。狙い所を見ながら素振りをすると、自然に振り幅が小さくなって距離感を合わせやすくなります。

クラブの重さを使ってヘッドをストンと落とすだけでOK

 UT(ユーティリティー)でのアプローチでケアしなければいけないミスはダフリです。UTはソールが滑ってくれると前述しましたが、アドレスとスイングを工夫することで、ダフる可能性をさらに減らすことができます。

ユーティリティーのアプローチではダフリに注意。ボールを上げにいかず、クラブの重さでヘッドを落としてダウンスイングする
ユーティリティーのアプローチではダフリに注意。ボールを上げにいかず、クラブの重さでヘッドを落としてダウンスイングする

 ポイントは、アドレスの段階で打ち込める体勢を作っておくこと。クラブを短く握り、左足に体重を乗せ、オープンスタンスで構えてください。すると、スイング中に「上からヘッドを入れよう」としなくても、ダウンブローでボールをとらえやすくなります。

 アドレスが完成したら、左足体重のままコックを使ってテークバックし、ヘッドをストンと落としてダウンスイング。

「振り下ろそう」「振り切ろう」とすると、ヘッドが下から入りやすくなります。ヘッドの重さを利用してコツンと打てば、芝の抵抗に負けずにボールが飛び出しますよ。

取材協力:東富士カントリークラブ(静岡県)

【指導】勝又優美(かつまた・ゆみ)

1978年生まれ、神奈川県出身。社会人からゴルフをはじめ、ティーチングプロを目指す。2010年にLPGA認定ティーチングプロとなり、静岡県内のゴルフアカデミーで多くのゴルファーを指導。2013年にはLPGAのA級ライセンスを取得した。現在はプロコーチ、ティーチングプロの堀尾研仁を師事し、KEN HORIO GOLF ACADEMYでレッスン活動を行っている。

小澤裕介