シャフトにこだわるゴルファーなら誰でも気になってるモデル、それがフジクラ「VENTUS(ベンタス)」シリーズ。日米トッププロからアマチュアゴルファーまで大人気になっている「VENTUSブルー」「VENTUSブラック」「VENTUS TR」3モデルの特徴を、専用の計測器で分析&解説してもらいました。

PGAツアーから人気が出た“飛んで曲がらない”を具現化したシャフト

 PGAツアープロの高い使用率から一気に日本のゴルファーにも火が付き、トッププロから競技ゴルファー、一般ゴルファーまで幅広く人気のシャフトがフジクラ「VENTUS(ベンタス)」シリーズです。

 現在「VENTUSブルー」「VENTUSブラック」「VENTUS TR」3機種が日本で発売されていますが、それぞれ「VeloCore Technology(べロコアテクノロジー)」が採用されています。

 このテクノロジーは、芯を外した時でもフェースブレを軽減、インパクトのエネルギーをボール初速に反映させるフジクラ独自のものです。

(写真上から)「VENTUSブラック」「VENTUSブルー」「VENTUS TR」には、オフセンターヒット時でも方向がブレずにボール初速を得られる「VeloCore Technology(ベロコアテクノロジー)」が採用
(写真上から)「VENTUSブラック」「VENTUSブルー」「VENTUS TR」には、オフセンターヒット時でも方向がブレずにボール初速を得られる「VeloCore Technology(ベロコアテクノロジー)」が採用

 このテクノロジーは、芯を外した時でもフェースブレを軽減、インパクトのエネルギーをボール初速に反映させるフジクラ独自のものです。

 幅広い重量とフレックスがラインナップされているので、PGAツアープロから一般ゴルファーでも“飛んで曲がらない”を実感できるスペックを選べるのも魅力です。

 今回はシャフトの曲げ剛性(EI)分布を「マルチシャフトアナライザー」で1本ずつ詳細に計測し、「VENTUSブルー」「VENTUSブラック」「VENTUS TR」3機種の違いと特徴を見たいと思います。

「先端しっかり」だから曲がらない「VENTUSブルー」「VENTUSブラック」

「VENTUSブルー」「VENTUSブラック」どちらも、インパクト時に「先端部がしっかり」なので、多少のミスヒットでもフェースが開いたりつかまり過ぎたりする挙動を徹底的に軽減しています。つまり、腕前に関わらず曲がらないのが特長です。

 加えて、インパクトのエネルギーロスが少ないため、振れる人ほど飛ばせる特長もあります。振り心地としては余計な挙動が少ない「VENTUSブラック」、しなりとタイミングが誰でも取りやすい「VENTUSブルー」の違いがあります。

フジクラHPに公開されている剛性(EI)分布グラフ比較どおり、「先端しっかり」で曲がらない性格を持ちながらも中間部分にしなりを持たせた「ブルー」としなりをやや抑えた「ブラック」。振り心地は異なる
フジクラHPに公開されている剛性(EI)分布グラフ比較どおり、「先端しっかり」で曲がらない性格を持ちながらも中間部分にしなりを持たせた「ブルー」としなりをやや抑えた「ブラック」。振り心地は異なる

 対象ヘッドスピードに合った重量とフレックスを選べば「ブレない」と感じやすいシャフトなので、試打したフィーリングで選んでも失敗しにくいでしょう。

 ちまたでは「曲がらず飛ばせる」と「硬くて振りづらい」の二極化した意見があるそうですが、傾向的には「当たれば飛ぶけど安定しない」タイプのゴルファーに早い段階でマッチしやすいと思います。

「飛ばし屋じゃないけど自分にあったVENTUSを使ってみたい!」という方には、重量&フレックス選びをきちんとするか、「VENTUS TR」の方がハマるかも知れません。

VENTUSの性能を更にブラッシュアップした「VENTUS TR」

 新たな素材をシャフトの最外層に採用した「VENTUS TR」は、「VENTUSブルー」「VENTUSブラック」両方の性質を持ち合わせたシャフトです。

 マルチアナライザーによるシャフト計測でも「先端しっかり」ながらも、スイング中に十分しなり戻りを体感できる、“曲がらずに飛ばせる”要素が数値にも表れていました。

「VENTUS TR」は、「VENTUSブラック」のブレないしっかり感と「VENTUSブルー」のしなり感、両方の特性を持ち合わせたモデル
「VENTUS TR」は、「VENTUSブラック」のブレないしっかり感と「VENTUSブルー」のしなり感、両方の特性を持ち合わせたモデル

 実際の振ってみると、しなりを感じながらも強いインパクトを弾道で体感できました。

 しなりの大きいシャフトではバラツキが大きくなる方や、しっかり感のあるシャフトだと振りづらさを感じるタイプの方には「VENTUS TR」はハマる可能性が大きいと思います。

「誰にでも合うシャフト」なんて絶対にありませんが、「VENTUS」シリーズ3機種で幅広いゴルファーのニーズに応えてくれている理由がシャフト試打と(EI)剛性分布の計測から見つけることができました。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール