ティショットを隣のホールに曲げ、高い木を越えてボールを戻したいときや、ボールを止めたいときなど、アイアンショットの高いボールは有効です。ただ、弾道を高くすると、飛距離が落ちるのも事実。そこで今回は高く上げても飛距離が落ちない打ち方を高橋竜彦プロが紹介します。

ボールを高く上げる意識を持つと飛距離が落ちる

 単純に高い球を打つだけならアウトサイドインの軌道でボールを打ちますが、高弾道プラス飛距離を求められる場合は、インサイドアウトの軌道で打ちます。ボールをクラブフェースでしっかりつかまえることによって、飛距離を稼ぎたいからです。

 それでは、高さはどうするかといえば、アドレスの形が重要です。まずはボールを通常よりも左にセットします。左足ツマ先の前ぐらいで構いません。

 同時に、目線を高い位置に合わせます。すると、肩のラインが上がります。あとは、右足に体重の7割、左足に3割を乗せた体重配分で構えるだけです。

目線を高くして、右足に体重の7割を乗せた時点で高い球を打つ準備は完成している
目線を高くして、右足に体重の7割を乗せた時点で高い球を打つ準備は完成している

 大切なのは、ボールを高く上げようという意識を持たないこと。アドレスの段階で高い球を打つ準備ができているのに、さらにボールを高く上げようとすると、余計な動きが出てきます。

 例えば、ボールをすくい打つ動きです。これだとボールの手前をダフリやすいので気をつけましょう。また、体重配分も右足に9割近く乗ってしまうので飛距離が出ません。同様に、肩のラインが上がり過ぎても飛距離低下につながります。高さと飛距離を両立させるためには、アドレスを変えた後は余計なことを考えず、肩の角度を変えずにスイングするだけです。

左手1本でクラブを持ち、右手で左上腕を抑えながら打つ

 低い球を打つ時は右手1本ドリルが有効でしたが、高い球を打つ時は左手1本ドリルが有効です。

 これはアイアンを左手で持ち、右手は左上腕を抑えた構えをつくります。ボールを左足ツマ先の前にセットしたら、20ヤード先にボールをポーンと打ちましょう。ポイントは、右手を左上腕から離さないことと、インサイドの軌道で打つことです。

右手1本でクラブを持ち、左手で右の上腕を抑えながら打つ
右手1本でクラブを持ち、左手で右の上腕を抑えながら打つ

 仮に右手を左の上腕に当てずに左手1本でボールを打つと、ダウンスイングで左肩が上がり過ぎてしまい、ボールをうまくヒットできなくなります。また、アウトサイドからクラブを下ろすと、左腰が引けた形になり、フェースの芯でボールをヒットできません。

 あくまでも肩をレベルに回して打つのが大前提です。ボールを左足ツマ先の前に置いているので、普通に打てばボールは高く上がります。体重配分も右足に7割、左足に3割をアドレスからボールを打ち終えるまでキープしておきましょう。

取材協力・木更津ゴルフ倶楽部(千葉県袖ケ浦市)

【指導】高橋竜彦(たかはし・たつひこ)

1974年6月6日、福岡県生まれ。全国高校ゴルフ選手権で優勝して日本大学に進学。関東学生、朝日杯日本学生を制する。97年にプロ転向後は2005年にアイフルカップ、06年に日本ゴルフツアー選手権に優勝。高校、大学、プロで日本タイトルを獲得。現在はトーナメントに出場するかたわら、ABEMAツアーの解説も行う。ジャパンクリエイト所属。

山西英希