リブゴルフのトップ選手であるダスティン・ジョンソンとブライソン・デシャンボーが使用するアメリカ発カーボンシャフト「LA GOLF」。テーラーメイド最新モデル「ステルス2」ヘッドでD・ジョンソン仕様のLA GOLF「DJシグネチャー」シャフトを試打しました。

意外にしなやかな挙動で “押せる”インパクトになる

 現在、リブゴルフに在籍しているダスティン・ジョンソンとブライソン・デシャンボーの二人は、米カルフォルニアで作られた「LA GOLF」シャフトを使用しています。

 D・ジョンソンが自ら監修・使用しているLA GOLF「DJシグネチャー」シャフトは、中弾道設計ながら決してハードではなく幅広い重量とフレックスがラインアップされています。

D・ジョンソンが監修&使用しているLA GOLF「DJシグネチャー」は、55-Aから75-TXまで幅広いスペックがラインアップ
D・ジョンソンが監修&使用しているLA GOLF「DJシグネチャー」は、55-Aから75-TXまで幅広いスペックがラインアップ

 今回、「本当にアマチュアゴルファーでも打てるのか?」を検証するためインドアゴルフレンジKz亀戸店のスタッフと会員で試打しました。

 競技ゴルファーでもある小坂支配人から試打。「各フレックスとも日本のシャフトよりしっかりしています。ところが、実際に打ってみると意外にしなって、けっこう動きますね」とインプレッション。

 他のスタッフも同様に「持った感じの印象よりも、打った時のほうがやさしく感じる」という声が多く上がりました。さらに、「中間部から先端部のしなりとしなり戻りは大きい」という結果でした。

カスタムシャフトは「ハマったら面白い!」

 LA GOLF「DJシグネチャー」の各フレックスを試打&計測した筒コーチは、

「D・ジョンソン本人使用のフレックス以外は決してハードではなく、むしろ重さの割にしなやかな挙動に感じました。シャフトを計測してみても、ガチガチではなくインパクト時の“押し”が強い直進性が特徴のシャフトですね」とシャフトについてコメント。

しなやかな挙動が特徴的で、フレックスさえ間違えなければアマチュアでも振り切れるシャフト
しなやかな挙動が特徴的で、フレックスさえ間違えなければアマチュアでも振り切れるシャフト

 今回、試打クラブを貸し出ししてくれたゴルフステージ成城の吉田さんも、

「ヘッド・シャフトそれぞれの特徴を把握したうえで、ゴルファー個々の最適な組み合わせを考えるのは楽しいですね」とカスタムクラブの楽しさや奥の深さを教えてくれました。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール