今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2023年2月のドライバーランキングです。

有賀園ゴルフで2023年2月に売れたドライバーベスト5

 今、売れているドライバーはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ステルス2ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

ステルス2ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
ステルス2ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 前作同様、エネルギー伝達効率を高める「60層のカーボンフェース」を搭載。ボール初速を高めながら、さらに進化したツイストフェースなど、優れたテクノロジーでミスヒット時も初速低下を軽減します。ヘッドに使用するカーボン容量を増やし、余剰重量を最適に配分。慣性モーメントを飛躍的に向上させ、安定感と高い再現性もかなえています。2023年2月17日発売。メーカー希望小売価格:9万3500円(税込み)

前作よりもやさしい、打感がいいという声が多く聞かれた

 前作ほどではありませんが、発売前から話題になっていましたし、予想通りの結果ですね。

 その前作を少し難しいと感じていた方々が、こちらを試して「やさしいね、打感もいいね」と評価して、購入されるケースも目立ちました。

 また、前作よりも打感が柔らかく感じるという声が多く、打感のよさに定評があったSIM2からの買い替え組も多かったです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 ステルス2 HDドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

ステルス2 HDドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
ステルス2 HDドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 エネルギー伝達効率を高める「60層のカーボンフェース」を搭載。進化したツイストフェースなど、優れたテクノロジーで、驚異的なボール初速と高い安定性、さらなる低重心設計を施しています。ヘッドに使用しているカーボン容量をアップさせて、ヘッドを軽量化。ウエートをヒール寄りに配置し、高弾道でつかまりやすく、寛容性を進化させています。2023年2月17日発売。メーカー希望小売価格:9万3500円(税込み)

ステルス2と打ち比べて、球のつかまりを求める人がチョイス

 最初は「ステルス2」を打ってもらって、球がつかまっていない方にはこちらの「ステルス2 HD」。

 つかまり過ぎる、弾道が高すぎるという人には5位の「ステルス2 プラス」をそれぞれ、オススメします。

 HDは球が逃げない安心感はダントツですね。ほかの2モデルはカスタムシャフトも売れていましたが、こちらは純正のまま購入する人がほとんどでした。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 パラダイムドライバー(キャロウェイゴルフ)

パラダイムドライバー(キャロウェイゴルフ)
パラダイムドライバー(キャロウェイゴルフ)

 ヘッド中間部分に、業界初のカーボン素材のみで構成した360度カーボンシャーシを導入した「パラダイム」。4機種あるの中で、もっともスタンダードで幅広いプレーヤーに対応するのがこちらのモデル。やや洋ナシ型にも近い、構えやすい形状をしており、ペリメーターウェイトやアジャスタブルホーゼルで、自分好みの弾道や仕様に調整も可能です。2023年2月24日発売。メーカー希望小売価格:9万6800円(税込み)

飛距離性能とやさしさの双方を満たし人気を集めました

 新たなシリーズとして登場したことで注目するお客様も多かったです。過去モデルのいいとこ取りをかなえていて、飛距離性能とやさしさの双方を満たしています。

 オートマチックなやさしいヘッドで、ドロー系の弾道で飛ばせるという声が多かったですね。

 ヘッド後方にはペリメーターウェイトを搭載して、自分で弾道調整可能な点も高評価につながりました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 G430 MAXドライバー(ピンゴルフジャパン)

G430 MAXドライバー(ピンゴルフジャパン)
G430 MAXドライバー(ピンゴルフジャパン)

 高慣性モーメントをかなえ「叩いてもブレない」が特徴。超極薄の素材採用で、フェース全面で大きくたわみ、反発力アップ、最大初速を実現しています。上下のミスヒット時でも最適なスピン量と弾道で、最大のキャリーと飛距離を生み出します。打球音にもこだわり、新「サウンドリブ」を搭載。ナイスショットはもちろん、打点がブレても、快音をかなえます。2022年11月11日発売。メーカー希望小売価格:9万3500円(税込み)

第5位 ステルス2 プラスドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

ステルス2 プラスドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
ステルス2 プラスドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 エネルギー伝達効率を高める「60層のカーボンフェース」を搭載し、ボール初速を高めながら、ミスヒット時も初速低下を軽減。ヘッドに使用するカーボン容量を増やし、余剰重量を最適配分し、ヘッド後方に15グラムのスチールバックウエートを搭載。高い慣性モーメントをかなえています。さらに、スライドタイプのウエート搭載で弾道調整も可能です。2023年2月17日発売。メーカー希望小売価格:9万6800円(税込み)

「ゴルフ界のトレンドはカーボン素材。昔のイメージは払拭すべき!」(小室店長)

「ステルス2」と「パラダイム」を打ち比べるお客様がほとんどでした。

「パラダイム」は週間での売り上げはトップでしたが、「ステルス2」よりも発売が1週間後だったことが、3位という順位に甘んじたようです。まるまる1カ月勝負となる来月のランキングはどのように変化してくるのか、今から楽しみです。

 その「ステルス2」、「パラダイム」に代表されるように、最近のドライバーヘッドは素材にカーボンを用いたものが多くなってきており、またヘッド全体でカーボンが占める率が高くなってきているのも特徴的です。

 カーボンを用いる利点は、軽量化を図れること。そこで生まれた余剰重量を効果的に配置することで、飛距離につながる初速アップや、慣性モーメントの向上を可能にするのです。

 以前にも、クラブヘッドにカーボンを用いたモデルは多くラインアップされていましたが、くぐもったような打球音や、打感の悪さを指摘されることが多く、いつの間にか影をひそめてしまっていました。

 しかし、長年の研究の成果で素材や加工技術が大きく進化したことで、爽快な打球音、心地よい打感をかなえるヘッドへと生まれ変わっています。過去にカーボンモデルを使い、あまりいい印象がないという人こそ、最新のカーボン素材を用いたヘッドをぜひ打ってみて欲しいですね。

 カーボンは飛ばない、音が悪いといったマイナスのイメージを払しょくさせる気持ちよさが味わえるはずです。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美