「今から練習したところでスライスが改善されるわけでもないし…」などといった理由から、ラウンド前はパター練習だけを行ってスタートする人もいるでしょう。ラウンド前のショット練習は行ったほうが良いのでしょうか?

練習はウオーミングアップ程度でOK

 ラウンド当日はスタートの1時間前ぐらいにゴルフ場へ到着し、受付後は着替えや準備を済ませ、ウオーミングアップやパッティングの練習をして、スタートまでの時間を過ごすゴルファーも多いでしょう。

パッティンググリーンでの練習だけでラウンドに臨むゴルファーも 写真:AC
パッティンググリーンでの練習だけでラウンドに臨むゴルファーも 写真:AC

 練習グリーンはクラブハウスの近くにあることが大半なので、ボール数個とパターを持ち、その日のグリーンの速さなどを確認します。

 ゴルフ場によってはショット練習ができる環境のところもありますが、クラブハウスから離れた場所に位置していたり料金が別途かかることもあるので、スタート前はパターの練習だけを行ってラウンドに臨んでいる人も多いかもしれません。

 ティーチングプロの山本昌夫氏は、ラウンド前のショット練習について以下のように話します。

「スコアを追い求めたいのであれば、ラウンド前のショット練習は必ずやるべきです。ただし、ボールを打ちすぎてしまうとスタート前から疲れてしまうので、1カゴから多くても2カゴぐらいにしておきましょう」

「練習方法としては、アプローチやハーフショットを軽く行う程度で大丈夫なので、普段のスイングリズムや自身で気をつけている部分を確認しながら、ウオーミングアップをするような感覚で打っていきます。このとき、フルスイングは絶対にしてはいけません」

「ドライバーの場合は特に、どうしても遠くに飛ばそうとする意識が強くなってしまうので、余計なリキみがスイングのリズムを崩すことにもつながってしまいます。ドライバーでの練習は3〜5球程度にして、打球の方向性を確認するぐらいにしておくのがオススメです」

その日の球筋を把握することが大切

ゴルフ場に併設されている練習場でよく見るボール貸出機
ゴルフ場に併設されている練習場でよく見るボール貸出機

 さらに山本氏は、その日のショットの傾向を把握しておくことでコースマネジメントがしやすくなると話します。

「やはり、日によってショットの傾向は変わってしまうので、ラウンド前の練習時にどんな球が出やすいかを把握しておくことで、コースマネジメントがしやすくなります」

「例えば『いつもはフェードだけど、今日は体が回りきらずドローしてしまう』ということがあったとします。アマチュアゴルファーにありがちなのは『普段と違うから直さないと!』と思ってしまい、練習でボールをたくさん打ってどうにか直そうと試みますがそれはNGです」

「普段と球筋が異なる場合は、スイングを調整するのではなくマネジメントの仕方を変えましょう。フック気味の球筋が多いなと感じたときは、最初からある程度左に曲がることを想定して目標を定めるなど、その日の傾向に合った対策を講じることが大切です」

 ラウンド前の練習しなかった場合は、プレーをしながらその日の調子を確認することになりますが、あらかじめ自身の球筋を把握しておけば、スタートホールからコースマネジメントをしやすい状態で臨むことができるでしょう。

 また、山本氏は「多くのクラブを練習場に持っていくのがおっくうな人は、7番アイアンとウェッジだけを持ってハーフショットで練習するだけでも効果的です」と話します。

 スコアアップを追い求めるゴルファーは、このようなラウンド前の練習法を一度試してみてはいかがでしょうか。

ピーコックブルー