戦争体験者が少なくなる中、核兵器の恐怖をテーマにした「第23回原爆と人間展」が4日、愛媛県今治市常盤町3丁目の今治商店街案内所「ほんからどん」で始まり、写真とイラストパネル計約40点を通じて来場者に戦争の悲惨さと平和の尊さを訴えている。6日まで。