11日に開幕50日前となる愛媛国体のPRなどへ、県実行委員会は10日、JR松山駅や松山空港など3カ所で、タクシー運転手らに来県者を温かくおもてなしするよう呼び掛けた。
 JR松山駅前では、県職員が運転手に「たくさんの観光客におせったいをお願いします」と依頼。ガイドブックに載っていない魅力を教えたり、国体の案内をしたりする「プラスワンのおせったい」に協力を求め、競技一覧のパンフレットなどを配った。運転手は車体に国体PRシールを貼るなどして応えていた。
 個人タクシー運転手の男性(73)は「国体の相乗効果に期待。お薦めの観光地を教えるなどおもてなししたい」と話した。
 国体は9月30日に開幕。9月9日からは会期前競技がスタートする。