13日午後5時40分ごろ、愛媛県新居浜市垣生2丁目の住宅から「前に来た男が来てもめている」と110番があった。住宅では男女3人が刃物で刺され血を流して倒れており、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。新居浜署は現場でナイフを所持していたとして、銃刀法違反の疑いで本籍新居浜市、住居不定、無職河野智容疑者(53)を現行犯逮捕。殺人容疑を視野に入れて捜査する。
 署によると、亡くなったのは住人の岩田友義さん(80)と妻のアイ子さん(80)、三男の健一さん(51)。今後、司法解剖して死因などを解明する。河野容疑者は調べに対し「殺すつもりでナイフを持っていた」と供述しており、ナイフには血痕のようなものが付着。健一さんとは元職場の同僚だったといい、署は一家と河野容疑者とのトラブルの有無などを調べる。
 岩田さん方は3人暮らしとみられる。通報したのはアイ子さんで「(男が)包丁を持ってきたが、今はいない」などと話していたという。署員が駆けつけた際、男性1人が玄関先で、ほかの2人は屋内で見つかった。河野容疑者は右腕に切り傷があり、抵抗せず逮捕に応じた。
 河野容疑者の逮捕容疑は、13日午後5時45分ごろ、岩田さん方でナイフ1本(刃渡り約13センチ)を所持した疑い。
 現場はJR新居浜駅の北東約4キロにある住宅街。