⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作

『イン・ザ・スープ』(1992)や『フォー・ルームス』(1995)などで知られる⽶インディーズ映画のアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督。その 25 年ぶりの公開作となる新作『スウィート・シング』が、10 ⽉ 29 ⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ渋⾕、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。
スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像
本作が描くのは、親に頼ることができず⾃分たちで成⻑していかなくてはならない、15 歳の姉ビリーと 11 歳の弟ニコ、そしてその家族の物語。演じるのは、監督の実の娘ラナと息⼦ニコ。そして実の妻である⼥優カリン・パーソンズが⺟親イヴを、『イン・ザ・スープ』からの盟友で、『ウェンディ&ルーシー』や『ミナリ』の名脇役ウィル・パットンが⽗親アダムを演じる。スーパー16 ミリフィルム撮影のモノクロとパートカラーが美しく、⼀貫してインディーズにこだわり続けてきたロックウェルらしい、映画愛に溢れた⼀編となっている。

スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像

『スウィート・シング』予告編映像

あらすじ

世界は悲しいけれど、幸福な1⽇はある。15 歳のビリーと 11 歳のニコ、その家族の物語。
普段は優しいが酒を飲むと⼈が変わる⽗アダム。家を出て⾏った⺟親イヴ。頼る⼤⼈がいないビリーとニコの姉弟。ある⽇出会った少年マリクとともに、彼らは逃⾛と冒険の旅に出る! 世界はとても悲しい。でも、幸福な1⽇はある。その1⽇がずっと⻑く続きますように。すべての⼤⼈に⼦供時代のきらめきを思い起こさせ、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部⾨で最優秀作品賞を受賞した。

キャスト

ラナ・ロックウェル
ニコ・ロックウェル
ウィル・パットン
カリン・パーソンズ

監督・脚本

アレクサンダー・ロックウェル

原題:Sweet Thing
2020 年|アメリカ|91 分|DCP|モノクロ+パートカラー
日本語字幕:高内朝子
配給:ムヴィオラ
公式HP:http://moviola.jp/sweetthing
©️2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED

10 月 29 日(金)より
ヒューマントラストシネマ渋谷、 新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺他全国順次公開