第32回東京国際映画祭 観客賞&最優秀女優賞受賞作品
映画『悪なき殺人』

5人の男女がそれぞれ抱える静かな欲望と狂気が“偶然”によって
繋がっていき、やがてひとつの事件の真相へと辿りつく
驚愕のミステリー
原題「ONLY THE ANIMALS(動物だけが知っている)」に込められた意味が明らかに!!

STAR CHANNEL MOVIES(運営:株式会社スター・チャンネル/東京都港区/小坂恵一社長)より、日本版タイトルを『悪なき殺人』とし、12月3日(金)より劇場公開、12月4日(土)よりデジタル公開いたします。

今年も注目作が目白押しの第34回東京国際映画祭が現在開催中ですが、一昨年開催された第32回東京国際映画祭にて『動物だけが知っている(仮題)』(原題:Only The Animals)というタイトルで観客賞と最優秀女優賞(ナディア・テレスキウィッツ)を受賞したドミニク・モル監督による驚愕のミステリーとなります。

フランスの山間の人里離れた町で、吹雪の夜にある1人の女性が行方不明となる事件が発生。この失踪事件を軸にして、一見なんの関わりもない5人の男女が思いもよらない形で繋がっていき、フランスからアフリカへとまたがる壮大なミステリーに発展し、事件に絡んでいた事実が次第に明らかになっていく…。幾重にも重なる「偶然」という「必然」を通して人間の本能と滑稽さをも内包した、極上のサスペンスドラマが繰り広げられます。

本日11/1は「ワンワンワンの日」!!実は本作では、事件の真相を“ワンちゃんだけが知っていた!”という事実が明らかになりました。登場する5人の男女は偶然に踊らされ、一体何がどうつながって殺人事件がおこったのかを知る由もありません。

本作では登場人物がそれぞれ秘密や嘘を抱えながら生活を送っています。ある人は夫に隠れて不倫をしていたり、またある人は遠く離れた金をだまし取ったり、そしてある人は偶然見つけた死体を隠していたり。しかし彼らはそれがまさかとある事件に大きく関わっているとは思ってもいません。しかし、『Only The Animals』という原題からも分かるように、飼い犬たちだけは私たち観客と同じように彼らの本当の姿と事件の真実を“目撃”しているのです

一匹目は、最初に疑われる農夫・ジョゼフの飼い犬。主人の動向をじっと見つめています。
そして二匹目は失踪した女性・エヴリーヌの飼い犬。こちらも彼女が事件に巻き込まれたその場を目撃するのです。
今回、犠牲者となるエヴリーヌと飼い犬、そしてマリオンの1シーンが初公開となります!

ドミニク・モル監督はこのタイトル(原題『Only The Animals』)ついて、「もしかすると吹雪の夜に起きたことの真相を知っているのはあの動物たちだけだという意味かもしれません。彼らは人間を見て何を思っているのでしょうか。私たちはこの美しい謎を解明しようとせず、観客一人ひとりの解釈に委ねるべきなのかもしれません。」と語ります。

本来決して交わることのないはずの人々がひとつの事件を軸に少しずつ絡み合い、そしてそれらが見事に解けていく展開は見事の一言に尽きます。動物たちと同じく“言葉なき目撃者”として、それぞれの愛や欲が暴走した末に引き起こされた事件の真相に辿りついた時、観客は何を思うでしょうか。

ワン、ワン、ワンだけが知っている!
12/3(金)公開『悪なき殺人』本編映像一部解禁 STAR CHANNEL MOVIES

あらすじ・ストーリー

フランスの山間の人里離れた町で、吹雪の夜にある女性が失踪し、殺された。
疑われたのは農夫・ジョゼフ。ジョセフと不倫するミシェルの妻・アリス。
妻のアリスに隠れてネット恋愛をする夫・ミシェル。その相手とされるマリオン。
そして遠く離れたアフリカで詐欺を行うアルマン・・・。

悪なき殺人,画像

そう、我々はまだ知らない、
たったひとつの「偶然」が連鎖し、悪意なき人間が殺人者になることを。

この失踪事件を軸にして、5人の男女がリアルタイムで繋がっていることが紐解かれていき、壮大なミステリーに絡んでいた事実が次第に明らかになっていく…。
【10月26日(火)8時解禁】『悪なき殺人』情報写真解禁,画像フランスの雪深い山間の田舎で起きた事件は、遠くアフリカと繋がっていたのだった。偶然は奇跡にもなり得るが、絶望にもなり得る。幾重にも重なる「偶然」という「必然」を目の当たりにし、私たちは“神の目”で人間の本能、滑稽さ、そして運命の危うさの一部始終を目撃することになる。

【10月26日(火)8時解禁】『悪なき殺人』情報写真解禁,画像

映画『悪なき殺人』作品情報

監督:ドミニク・モル (「ハリー、見知らぬ友人」セザール賞受賞 「マンク 破戒僧」)
キャスト:ドゥニ・メノーシェ (「エンテベ空港の 7 日間」「ジュリアン」)
ロール・カラミー (「女っ気なし」)
ダミアン・ボナール (「ダンケルク」「レ・ミゼラブル」)
ナディア・テレスキウィッツ ※マリオン役
2019年/116分/カラー/シネスコ/5.1ch/R15+/フランス語、ヌシ語/フランス、ドイツ合作/原題: Seules les Bêtes/英題: Only the Animals/日本語字幕:高部義之
© 2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076
配給:STAR CHANNEL MOVIES

12月3日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
12月4日(土)デジタル公開