忍び込んだ夜の廃校で聞こえる、謎の物音の正体とは…⁉

桜井玲香主演、岡崎紗絵、三戸なつめ共演の映画『シノノメ色の週末』11 月 5 日(金)全国公開します!

女子校卒業後10年ぶりの再会、週末だけ母校に集まる3人。
「ここに来れば、輝いていたあの頃に戻れる」ってパターンのはずが・・・!?
気鋭の穐山茉由監督が独自の目線で描く、20代女子のほろ苦くも愛おしい物語。

本作は 2019 年 9 月に乃木坂 46 を卒業後俳優として活動し、数々の舞台に出演し注目を集める桜井玲香の映画初主演作品。桜井演じる美玲の高校時代の同級生でシノノメ女子元放送クラブのメンバー・まりりん役に、今泉力哉監督作品『mellow』ほか数々の映画やドラマに出演し、ナチュラルで飾らない明るさや、大人可愛い雰囲気で人気を集める岡崎紗絵。アンディ役に、モデルやタレントとして無邪気な明るいキャラクターで幅広く活躍し、女優として映画やドラマにも多数出演、NHK 連続テレビ小説『おちょやん』では、主人公おちょやんの亡くなった母・サエを演じ、その存在感や魅力が評判を集めた三戸なつめが共演。

■関連記事:穐山茉由監督が桜井玲香さんに託した「人に見せたくないような部分」とは

監督は、長編デビュー作『月極オトコトモダチ』が国内外で高い評価を受けた新鋭・穐山茉由監督。自身初の長編商業映画となる本作では、監督の持つ会社員と映画監督というダブルワークの経験をもとに、社会で働く女性たちの心理を、独自の目線で鋭く柔らかく、オリジナル脚本で描く。

『シノノメ色の週末』本編映像「夜の校舎編」映像

学生時代から雑誌を中心に読者モデルとして活躍しスクールカースト上位だった美玲(桜井玲香)、地味系だった部長のまりりん(岡崎紗絵)、サブカル好きのアンデ(三戸なつめ)は篠の目女子高で同じ放送クラブに所属していた同級生。

タイムカプセルを探すため取り壊しが決まった篠の目女子高の校舎で 10 年ぶりに再会した 3 人は、以降「篠の目女子週末クラブ」として週末、校舎へ集まるようになる。

今回到着した映像は、制服姿で集合した 3 人が、夜の校舎を探索しているシーンから始まる。明かりがついていない真っ暗な廊下を歩いていると、誰もいないはずの校舎から物音が。すかさずアンディが「廃墟って、出るらしいよ…」と 2 人を驚かす。次第に近づいてくる物音の正体は、美玲の足元に転がってきたピンポン玉だった。

3 人は怖いもの見たさでピンポン玉が転がってきた方向に、恐る恐る歩いて行き、その先をのぞき込む。すると背後から「それ、返して…」という女性の声が。3 人が見たものとは一体…!?
廃校に友達と忍び込むドキドキは、どこか学生時の肝試しのような感覚に似ており、本作はまさに“青春時代”を思い出させてくれる作品になっている。

映画「シノノメ色の週末」は来週 11 月 5 日(金)全国公開!是非ご注目ください。

あらすじ

女子高を卒業して 10 年、美玲(桜井玲香)はモデルを続けているが、いつの間にか雑誌のグラビアを飾ることはなくなった。そんな中、放送クラブで一緒だったアンディ(三戸なつめ)から、部長だったまりりん(岡崎紗絵)と 3 人で、取り壊しになる母校にタイムカプセルを探しに行こうと誘われる。超マジメで目立たなかったまりりんが広告代理店に就職し、デキる女ぽくなっているのを見て焦り、相変わらずカメラ好きサブカル系のアンディにホッとする美玲。裏門から忍び込んだ 3 人は、廊下を走り、笑い転げ、やりたい放題。結局、タイムカプセルは見つからず、また週末に集まることになる。何にでもなれると思っていたあの頃の自分に戻ったつもりの 3 人だったが、事態は全然!違う方へと転がっていく──。

キャスト

桜井玲香
岡崎紗絵
三戸なつめ
中井友望
山田キヌヲ
工藤阿須加

監督・脚本

穐山茉由

主題歌

佐藤ミキ「東雲の空」(SACRA MUSIC)

制作プロダクション:ダブ
配給:イオンエンターテイメント
公式HP:https://shinonome-weekend.com/
©2021 映画「シノノメ色の週末」製作委員会

11 月 5 日(金)全国ロードショー