元乃木坂46桜井玲香、岡崎紗絵
赤城神社で大ヒット祈願!

桜井玲香主演、岡崎紗絵、三戸なつめ共演の映画『シノノメ色の週末』11 月 5 日(金)全国公開します!

「ここに来れば、輝いていたあの頃に戻れる」ってパターンのはずが・・・!?

本作は、2019 年 9 月に乃木坂 46 を卒業後は女優として活動し、数々の舞台に出演し注目を集めている桜井玲香の映画初主演作品。桜井演じる美玲の高校時代の同級生でシノノメ女子元放送クラブのメンバー・まりりん役に、今泉力哉監督作品『mellow』ほか数々の映画やドラマに出演し、ナチュラルで飾らない明るさや、大人可愛い雰囲気で人気を集める岡崎紗絵。アンディ役に、モデルやタレントとして、無邪気な明るいキャラクターで幅広く活躍し、映画やドラマにも多数出演、NHK 連続テレビ小説『おちょやん』では、主人公おちょやんの亡くなった母・サエを演じ、その存在感や魅力が評判を集めた三戸なつめが共演。

監督は、長編デビュー作『月極オトコトモダチ』が国内外で高い評価を受けた新鋭・穐山茉由監督。自身初の長編商業映画となる本作では、監督の持つ会社員と映画監督というダブルワークの経験をもとに、社会で働く女性たちの心理を、独自の目線で鋭く柔らかく、オリジナル脚本で描く。さらに篠の目女子高校最後の学生・杉野あすか役に中井友望、広告代理店で働く上川龍之介役に工藤阿須加が出演し本作を彩る。

そしてこの度、赤城神社で本作の大ヒット祈願イベントを実施いたしました!桜井玲香、岡崎紗絵が絵馬に願いを込めて祈願、また、本作の内容にちなんで、それぞれの高校時代の大切な写真を公開するなど盛り上がりを見せました。

高校時代の大切な写真&“女子高生あるある”エピソード披露

拝殿では、穐山茉由監督も参加し本作大ヒットをご祈祷。その後、マスコミの前に主演の桜井玲香、岡崎紗絵が登壇しトークイベントはスタート。

まず最初にトークイベントの前に実施したご祈祷ついて聞かれると桜井は「神聖できれいな場所でご祈祷させていただいて、これはご利益あるなと思いました」と映画の公開に向けて前向きな想いを明かした。岡崎も「とても清らかな気持ちになりました。たくさんの方にこの映画が届けばいいなという想いで祈らせていただきました」と公開に向けての想いを語った。
【FIX】1029「シノノメ色の週末」大ヒット祈願イベントオフィシャルレポート,画像【FIX】1029「シノノメ色の週末」大ヒット祈願イベントオフィシャルレポート,画像【FIX】1029「シノノメ色の週末」大ヒット祈願イベントオフィシャルレポート,画像
続いて、本作のキャラクター設定でもある“20 代後半女子”のリアルについての話に切り替わると桜井は「美玲と目指す世界や境遇がすごく似ていて、共感できるし応援したいなと思いながら演じてました。痛いところを突いてくるシーンが本当にたくさんありました。特にオーディション部分はすごくリアルな会場の雰囲気でした」と自身と重ねて本作に臨んでいたことを打ち明けた。岡崎は「私は部長をやれるような器は持ち合わせていなかったのですが、自分が思っていたことを伝えられない、上手く伝わらない不器用さには共感できた」と自身の性格を明かした。また、「学生時代は自由で、わりと美玲ちゃん寄りだった」と語る岡崎に、桜井は「あら〜!キラキラガールだったのね(笑)」と自身の役と似ていたことからなのか、笑顔で嬉しそうに返した。
【FIX】1029「シノノメ色の週末」大ヒット祈願イベントオフィシャルレポート,画像
その後、桜井が女子校出身だったという話題に。桜井は「この作品の女の子 3 人が醸し出す空気感が、本当にリアルな女子校出身の空気感そのものでした。会話の感じや、キャラクターが違う 3 人なのになぜかうまくバランスが取れていて、3 人で一緒にいる感じが実際にあったなあ。というあるあるがちりばめられている映画です」と女子校出身だからこそ共感できたと高校時代の話も振り返りながら語った。また、「サッカー部などにイケメンポジションの女の子がいて、みんなで追いかけて写真を撮ってもらったり、バレンタインのチョコを渡したりしました」と同じく女子校出身である本作の穐山監督と話している中で話題に挙がったあるあるについても楽しそうに語った。女子校出身ではない岡崎もこの話題には「すごくよく分かります。そういう先輩いました」と深く頷きながら共感した。

続いて「女子高校生あるある」に話題が及ぶと「不思議な世界観の女性がいる」というあるあるに対して桜井が「作中でアンディ(三戸)がダウジングをするシーンがあるんですけど、三戸ちゃんから「昔、実際にダウジングやっていたんだよね」と言われたときは衝撃だった」と、不思議な世界観を暴露した三戸の話題で会場からは笑いが起きた。他にも「授業中に回していた手紙が捨てられない」や「制服の着こなし方」など、青春時代の思い出にあるあるを絡めながら披露し盛り上がりを見せた。

その後、お二人の高校時代の写真を写しだしたパネルをそれぞれ披露。桜井が披露した写真は“既に乃木坂 46 に入っていた高校 3 年生の時の最後の握手会で着た服”で、「在籍していた学校ではできなかった紺ソックスも履いて、ネクタイも付けました」と着納めした制服への思い入れを吐露した。
【FIX】1029「シノノメ色の週末」大ヒット祈願イベントオフィシャルレポート,画像
岡崎が披露した写真は“雑誌「seventeen」の時の写真”で「これは 17,8 歳頃の写真です。メイクさんにしてただいたのが濃い目のメイクで、ファッションやメイクに興味があったのでそれを参考にして家で練習していました」とこちらも高校時代の思い出を語った。
【FIX】1029「シノノメ色の週末」大ヒット祈願イベントオフィシャルレポート,画像
最後に岡崎は「この映画を観ていると学生時代を振り返る瞬間がすごく多いと思います。一歩踏み出す勇気をくれる映画だと思いますので、たくさんの方に届く映画になればいいなと思います」、桜井は「女子校の女の子の普段を覗き見できる楽しさもありますし、隠しておきたい繊細な感情だったり、人間関係や空気感が隠すことなく描かれていて、映画を通して自分と見つめ合えるような作品になっているので、ゆったりと軽い気持ちで観ていただいて、ホッとしていただけたら嬉しいです」と本作を通して自身と向き合い、振り返ってほしいと締めのご挨拶をしてイベントを締めくくった。

『シノノメ色の週末』予告編映像

あらすじ

女子高を卒業して 10 年、美玲(桜井玲香)はモデルを続けているが、いつの間にか雑誌のグラビアを飾ることはなくなった。そんな中、放送クラブで一緒だったアンディ(三戸なつめ)から、部長だったまりりん(岡崎紗絵)と 3 人で、取り壊しになる母校にタイムカプセルを探しに行こうと誘われる。超マジメで目立たなかったまりりんが広告代理店に就職し、デキる女ぽくなっているのを見て焦り、相変わらずカメラ好きサブカル系のアンディにホッとする美玲。裏門から忍び込んだ 3 人は、廊下を走り、笑い転げ、やりたい放題。結局、タイムカプセルは見つからず、また週末に集まることになる。何にでもなれると思っていたあの頃の自分に戻ったつもりの 3 人だったが、事態は全然!違う方へと転がっていく──。

キャスト

桜井玲香
岡崎紗絵
三戸なつめ
中井友望
山田キヌヲ
工藤阿須加

監督・脚本

穐山茉由

主題歌

佐藤ミキ「東雲の空」(SACRA MUSIC)

制作プロダクション:ダブ
配給:イオンエンターテイメント
公式HP:https://shinonome-weekend.com/
©2021 映画「シノノメ色の週末」製作委員会

11 月 5 日(金)全国ロードショー