長女ユーシューを演じた香港のトップスター、サミー・チェンのインタビューが到着!

癒しと成長の三姉妹の物語『花椒(ホアジャオ)の味』が11月5日(金)より 新宿武蔵野館ほか全国順次公開される。

三姉妹の長女ユーシューを演じるのは、香港のトップスター、サミー・チェン(鄭秀文)。次女ルージーは、台湾の女優メ―ガン・ライ(賴雅妍)。三女ルーグオは、リー・シャオフォン(李曉峰)。
ユーシューが心を開く麻酔医チョイ・ホーサン(蔡浩山)に、リッチー・レン(任賢齊)。元婚約者クォック・ティンヤン(郭天恩)に、アンディ・ラウ(劉德華)。ルージーの母親ジャン・ヤーリン(張雅玲)役に、台湾のベテラン、リウ・ルイチー(劉瑞琪)。ルーグオの祖母リウ・ファン(劉芳)役に、中国国家一級俳優のウー・イエンシュー(吳彥姝)。三姉妹の父親ハー・リョン(夏亮)役に、歌手・俳優のケニー・ビー(鍾鎮濤)など、豪華キャストが素晴らしい演技を披露している。

この度、公開を記念して長女ユーシューを演じたサミー・チェンのインタビューが到着!

別々の土地で育った三姉妹は、父親の死でお互いの存在を初めて知り、出会う。父の火鍋店を継ぎ、秘伝のスープを再現する過程を通して、姉妹の絆を感じながら助け合っていくという本作。

サミーは三姉妹の思い出のシーンについて「多くのシーンが印象に残っています。お葬式のシーンは3人とも父親を見ていて、2人の妹は悲しげに泣いているけれど、ユーシューだけはまだ父親を憎んでいるから冷たい表情を浮かべています。私がこのシーンを好きなのは3人の娘の父親に対する感情が見て取れるからです。あのシーンではメーガンもシャオフォンもすごくいい芝居をしていました。」と振り返る。

三姉妹で父親の火鍋の味を再現するために奮闘するシーンについては「映画に出てくる火鍋は全部現場で準備された本物のスープです。現場では火鍋のスープの匂いが充満していました。私たち三姉妹が厨房でお父さんのスープの秘伝を探すシーンがありますが、すごく温かいシーンです。私たち三姉妹が仲睦まじいだけでなく、スープを探すことを通じて、まるで秘密の通路で三姉妹の感情がつながって、3人がお父さんの愛のために頑張って秘伝を探しているようでした。この火鍋の秘伝を探すことが、この映画を愛と温かさでいっぱいにしてくれました。」と語っている。

【最終版】花椒の味_サミーオフィシャルインタビューリリース,画像

<サミー・チェン/オフィシャルインタビュー全文>

Q.三姉妹の共演シーンについて。特に思い出に残っているシーンは?
多くのシーンが印象に残っています。中でもお葬式で遺体を置いてあるシーン。3 人とも父親を見ていて、2 人の妹は悲しげに泣いているけれど、ユーシューだけはまだ父親を憎んでいるから冷たい表情を浮かべています。私がこのシーンを好きなのは 3 人の娘の父親に対する感情が見て取れるからです。あのシーンではメーガンもシャオフォンもすごくいい芝居をしていました。
もう一つは家の中でゴキブリを見つけて、それが父親の魂の化身だと思い込むところで、とてもコメディチックに撮られていました。ラストの三姉妹が父親を思い出すあのシーンも感動的でした。大いに笑わせて大いに感動させる、監督の演出は本当に素晴らしいものでした。

Q.魅力的な 3 人の男性キャストについて
この映画には 3 人の魅力的な俳優が出演しています。まずユーシューの父親ハ−・リョンを演じたケニー・ビーさん。ビーさんはこの放蕩でロマンチックで義侠心がある父親をすごくうまく演じていました。このキャラクターが憎めないのは、かなり立体的に見えるからです。彼は 100%忠実だけど100%完璧な夫ではありません。でも店主として、友人として、すごく良い個性を持っていることがわかります。だから観客も最後までこの父親を憎めなかったのだと思います。

アンディ・ラウには、この映画に友情出演してくれてとても感謝しています。監督はすごく面白い方法を使いました、アンディの演じるクォック・ティンヤンの出演シーンを全て車の中にしてユーシューといろんな会話をさせたのです。その会話でユーシューとティンヤンの過去、現在と未来の関係性が繋がっていきました。だからこの一連の車の中のシーンはとても重要なのです。ユーシューと父親をもっと理解できるようになりますし、ティンヤンとの会話で観客はユーシューとティンヤンの劇中での関係が見えてくると思います。

リッチー・レンが演じるチョイ・ホーサンとの関係はこの劇中ではとても面白いものです。多分観客は初めユーシューとホーサンが映画の中で進展するかもと思ったんじゃないかしら?特にユーシューとホーサンの車の中のシーンで 2 人は進展するかもと思ったはずです。でもラストで 2 人の関係については見当違いで、少々曖昧だとわかると思います。実際ユーシューとホーサンの 2 人はそれぞれ心の中で、自分は相手に合わないとよくわかっています。この関係は、すごく面白く描けていると思います。それにホーサンは最終的に発展途上国へボランティアの医師として行くことを選びました。私はこのシーンのホーサンのセリフが好きです。「その場所が僕を必要としているんじゃない、僕がその場所を必要としているんだ」彼はその場所でボランティアの医師として働くことで自分の人生を全うしようとします。また彼の心の隙間や傷も癒すことができるでしょう。このシーンでの 2人の関係性はすごく面白いと思います。

Q.姉妹 3 人で父親の火鍋の味を再現するために奮闘するシーンについて
毎回火鍋のスープを撮影するときは新鮮で熱々の本物を使ったんです。映画に出てくる火鍋は全部現場で準備された本物のスープです。映画スタッフの小道具さんたちはみんな真剣に細部に注意を払っていました。現場では火鍋のスープの匂いが充満していました。私たち三姉妹が厨房でお父さんのスープの秘伝を探すシーンがありますが、すごく温かいシーンです。私たち三姉妹が仲睦まじいだけでなく、スープを探すことを通じて、まるで秘密の通路で三姉妹の感情がつながって、3 人がお父さんの愛のために頑張って秘伝を探しているようでした。この火鍋の秘伝を探すことが、この映画を愛と温かさでいっぱいにしてくれました。

あらすじ

疎遠になっていた父が、突然店で倒れた。ユーシュー(如樹/サミー・チェン)は、会社から病院に駆けつけるが、もう亡くなった後で話すこともできなかった。久しぶりに店に来て、渡された父の携帯から、自分の名前に似た知らない名前を見つける。葬儀の日、台北からプロのビリヤード選手でクールな次女ルージー(如枝/メ―ガン・ライ)、重慶からオレンジの髪色で表情豊かな三女ルーグオ(如果/リー・シャオフォン)が現れ、初めて 3 人の異母姉妹が顔を合わせる。

香港島大坑(タイハン)にある、父が経営していた火鍋店「一家火鍋」の賃貸契約はまだ残っており、解約すれば違約金も発生する。従業員もいる。ユーシューは、父の店を継ぐことを決心する。しかし、誰もレシピを知らないため、常連客の望む“父の麻辣鍋”のスープが作れない。客足は少しずつ遠のく。ルージー、ルーグオも駆けつけ、三姉妹は、なんとか父秘伝の味を再現しようと奮闘する。

出演:サミー・チェン(鄭秀文)、メーガン・ライ(賴雅妍)、リー・シャオフォン(李曉峰)、リウ・ルイチー(劉瑞琪)、ウー・イエンシュー(吳彥姝)
特別出演:リッチー・レン(任賢齊)、ケニー・ビー(鍾鎮濤) 、友情出演:アンディ・ラウ(劉德華)
プロデューサー:アン・ホイ(許鞍華) ジュリア・チュー(朱嘉懿)、脚本・監督:ヘイワード・マック(麥曦茵)、音楽:波多野裕介

2019年/香港/広東語・北京語/118分/シネマスコープ/5.1ch/原題:花椒之味/英題:Fagara/日本語字幕:最上麻衣子/字幕協力:大阪アジアン映
画祭/G
配給:武蔵野エンタテインメント株式会社 公式サイト:fagara.musashino-k.jp 公式 twitter:@fagara_movie
(C)2019 Dadi Century (Tianjin) Co., Ltd. Beijing Lajin Film Co., Ltd. Emperor Film Production Company Limited Shanghai Yeah! Media Co., Ltd. All
Rights Reserved.

11月5日(金)より 新宿武蔵野館ほか全国順次公開