田口清隆の新作映画はZ級にイカれたSFホラー︕
イカれた本編映像・追加場⾯カットが解禁︕

『ウルトラマン』シリーズやドラクエを題材とした本田翼主演ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』等で知られる監督・田口清隆が、俳優ワークショップを舞台にSF要素を盛り込みイカれたZ級作品へと仕立てた映画「12人のイカれたワークショップ」11月19日(金)より全国順次公開となります。

本作は、実際に行われた俳優ワークショップをドキュメンタリー的に追った映像をベースとしながら、劇団「ポップンマッシュルームチキン野郎」の主宰で2020年5月に急逝した脚本家・吹原幸太が手掛けたワークショップ課題映画脚本のSFホラーパートが重なった二重構造となる意欲作。

この度、劇中の重要なキーワードとなる理力(りりょく)とは何かを解説した本編映像・追加場面カットが解禁となりました。

本編映像が解禁!

今回解禁された本編映像は、本作のおいて重要な要素となる、理力(りりょく)について解説したもの。
⻘柳尊哉のナレーションで、理力とは⽥⼝清隆監督のワークショップにおいて物理的な暴力を避ける為に使われる表現だと語られる。
【媒体用】Ikawaku_1110release,画像

要するに超能力の事で、手をかざして力を送るとそれを受けた相手はダメージを受けるようである。本編映像では、12人の俳優たちがそれぞれを相手に理力のトレーニングを行う様子が描かれている。
中には、監督が手をかがげるとそこにいる全員が⼀⻫に痺れて倒れる衝撃映像も…!
【媒体用】Ikawaku_1110release,画像

劇中で、彼らの理力トレーニングは⼀体どのような形で結実することになるのか…カルト的な展開が想像される本編映像となっている。

『12人のイカれたワークショップ』本編映像

あらすじ

中学教師・河中が迎える、初めて担任を持った生徒たちの卒業式。不協和音のようなチャイムが鳴り響いた途端、学校中の生徒たちが姿を消した。教頭の青山は「みなさんの役目は終わりです」と銃を乱射し始め、体育教師の安保は鉄パイプを振り回し次々と教師を襲っていく。そんな中、用務員の栗橋が「上位存在」について、そして今からなすべきことを告げる。「音を聞く者、知識を得る者、そして法則を知る者に会え!」 河中と同僚の教師・上條、千々岩らは、この不条理極まりないゲームに身を投じ、上位存在とは何かを知るべく、外界から閉ざされた【静かな卒業式】を彷徨うのだったーー。
…というワークショップの課題映画へ向け奮闘する、12人の俳優たちのリアル群像劇。

キャスト

河中奎人 上條つかさ 千々岩北斗
波多野美希 中野杏莉 安保匠 カンナ 相馬絵美 大村織 甲川創 青山真利子 栗橋勇
ナレーション:青柳尊哉

監督

田口清隆・島崎淳

課題映画脚本

吹原幸太

製作:島野伸一 國保尊弘 田口清隆 和田有啓
プロデューサー:島野伸一
撮影:井野口功一 辻本貴則
録音:間野翼
メイク:海山真由子
美術:畑山友幸
操演特殊効果:辻川明宏 遊佐和寿
制作担当:三島祐
音楽:百瀬巡

製作:「12人のイカれたワークショップ」製作委員会
制作:ジェイロックアジア マジカル
配給:Atemo
2021年|カラー|16:9|ステレオ|DCP|106分
レイティング:PG12
公式サイト:https://atemo.co.jp/ikawaku.html
公式SNS: Twitter(@12ikawaku)
©「12人のイカれたワークショップ」製作委員会

11月19日(金) アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開


【媒体用】Ikawaku_1110release,画像

【媒体用】Ikawaku_1110release,画像