冒頭映像解禁!これが、本当の自分でいられる時間
『リトル・ガール』

出⽣時に割り当てられた性別は“男性”、しかし、⼥の⼦として⽣きたいサシャ。「わたしは⼥の⼦」―⾔葉少なに訴えるサシャの真っ直ぐな瞳と強い意志が、観る者の⼼を震わせるドキュメンタリー映画『リトル・ガール』(11/19 公開)より、サシャが、数少ない“本当の⾃分”でいられる貴重な時間”を描き出した本編冒頭映像を解禁致します。

サシャは 2 歳を過ぎた頃から⾃⾝の“性別の違和感”を訴えてきたが、社会は彼⼥を“他の⼦ども”と同じように扱えずにいた。やがて7歳になってもありのままに⽣きることができない、不⾃由なサシャ。家族はそんな彼⼥の個性を⽀え、周囲に受け⼊れさせるため、学校や周囲へ働きかけるのだが……。本作はさまざまな社会の壁に阻まれながらも、まだ幼く⾃分の⾝を守る術を持たない彼⼥の幸せを守るために奔⾛する家族とサシャの“ゆずれない闘い”を映し出した⼼震えるドキュメンタリーです。

本作の監督を務めたのは、これまでも社会の周縁で⽣きる⼈々に光をあてた作品を撮り続け、カンヌやベルリンを始め、世界中の映画祭で⾼く評価されているセバスチャン・リフシッツ。トランスジェンダーのアイデンティは⾁体が成⻑する思春期に芽⽣えるのではなく、幼少期で⾃覚されることについて取材を始めていた過程で、サシャの⺟親カリーヌに出会い、この作品が⽣まれました。

本作も 2020 年ベルリン国際映画祭で上映後、モントリオール国際ドキュメンタリー映画祭のピープルズ・チョイス賞やシカゴ国際映画祭国際ドキュメンタリーコンペティション部⾨ シルバー・ヒューゴ賞など、世界中で様々な映画賞を受賞、また、コロナウィルス感染の影響により劇場が封鎖されたフランスでは、同年 12 ⽉にTV 局 ARTE にて放送され、視聴者数 1,375,000 ⼈、その年のドキュメンタリーとしては最⾼視聴率(5.7%)を獲得!オンラインでも 28 万回以上の再⽣数を記録するなど⼤きな反響を呼び、ドキュメンタリストとして確かな地位を築いたリフシッツ監督の洞察に満ちた繊細なカメラは、家族の喜びの瞬間、直⾯する多くの課題を捉え、幼少期の“性別の揺らぎ“に対する認知と受容を喚起する貴重なドキュメンタリーとなりました。

『リトル・ガール』冒頭映像

あらすじ・ストーリー

ヘアバンドやヘッドドレス、スカーフ、キラキラのヘアアクセサリー・・・お気に⼊りのアクセサリーや洋服に囲まれた⾃分だけの“お城”でささやかなファッションショーを開くサシャの姿から映像は始まる。そのあと続くのは家族とともに過ごす、幸せに溢れた⽇常の1シーン。社会でありのままで⽣きることができないサシャの、数少ない“本当の⾃分”でいられる貴重な時間”を描き出した冒頭映像となっております。

映画『リトル・ガール』作品情報

監督:セバスチャン・リフシッツ
2020 年/カラー/フランス/フランス語/85 分
原題:Petite fille/英題:Little Girl/字幕翻訳:橋本裕充/字幕協⼒:東京国際映画祭
後援:在⽇フランス⼤使館/アンスティチュ・フランセ⽇本
配給・宣伝:サンリスフィルム
公式サイト https://senlisfilms.jp/littlegirl
■公式 Twitter @petitefille_jp
■公式 Instagram @senlisfilms
■公式 Facebook @senlisfilms
© AGAT FILMS & CIE – ARTE France – Final Cut For real – 2020

11/19(⾦)
新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国順次公開