追悼号にして最終号
思いがけないほどおかしく、泣ける、その全貌とは

『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞4部門受賞したことでも知られる、ウェス・アンダーソン監督待望の最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』。

『ダージリン急行』(07)、『ファンタスティック Mr.FOX』(10)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『犬ヶ島』(18)といった名作の数々を生み出したウェス・アンダーソン監督の記念すべき長編第10作目を飾る最新作の舞台は、20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部。

一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得している。ところが、編集長が仕事中に急死、遺言によって廃刊が決まってしまう。

果たして、何が飛び出すか分からない追悼号にして最終号の、思いがけないほどおかしく、泣ける、その全貌とは──?

最高に愛おしい最新作を映画館へお届けします!楽しみにお待ちください!

FIX『フレンチ・ディスパッチ』tablesetter特別映像解禁リリース FIX『フレンチ・ディスパッチ』tablesetter特別映像解禁リリース,画像 FIX【情報解禁】『フレンチ・ディスパッチ』ストーリー予告(宣言書の改訂」)解禁リリース

映画『フレンチ・ディスパッチ』予告編映像

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』作品情報

あらすじ

20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部。

一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得している。

ところが、編集長が仕事中に急死、遺言によって廃刊が決まってしまう。果たして、何が飛び出すか分からない追悼号にして最終号の、思いがけないほどおかしく、泣ける、その全貌とは──?

監督・脚本

ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『犬ヶ島』(18)

キャスト

ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ジェフリー・ライト、マチュー・アマルリック、スティーヴン・パーク、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストンほか

全米公開:10月22日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

公式サイト:https://searchlightpictures.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/SearchlightJPN/
公式Twitter:https://twitter.com/SsearchlightJPN
公式Instagram:https://www.instagram.com/SearchlightJPN/

FIX0107『フレンチ・ディスパッチ』ウェス・アンダーソン展解禁リリース

2022年1月28日(金)、全国公開