⽵達彩奈×丹⽣明⾥(⽇向坂 46)
最速試写で感激︕圧巻の 7.1ch ⾳響に興奮︕

全世界 2800 万ダウンロードの⼈気⾳楽ゲーム「DEEMO」をフル 3DCG でアニメ化した『劇場版 DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた⾳が、今も響く-』のスペシャル⽣配信が 11 ⽉ 19 ⽇(⾦)、YouTube、ツイキャス、LINE LIVE で開催され、アリス役の⽵達彩奈、仮⾯の少⼥役の丹⽣明⾥(⽇向坂 46)、吉⽥尚記(ニッポン放送アナウンサー)が出席︕ この⽇、⾏なわれた関係者向けの最速試写で完成した作品を鑑賞しての感想から作品の魅⼒、アフレコの秘話まで語り合った。

本作のアフレコ収録はキャストごとに別々に⾏なわれたため、実は⽵達さんと丹⽣さんはこの⽇が初対⾯。⽵達さんは丹⽣さんを⾒て「⾒ててすごく癒されます」とにっこり。⼀⽅、アニメ好きの丹⽣さんにとって⽵達さんは憧れと⾔える存在のようで「某アニメの姉妹(※「五等分の花嫁」)、あと『けいおん︕』の『ふわふわ時間』も⼤好きで、カラオケで歌ったりしてます︕」と語り、これには⽵達さんも「“こっち側”ですね(笑)」と仲間を⾒つけたようで嬉しそう。

丹⽣さんにとって、本作は劇場⻑編アニメの声優初挑戦であり「共演陣の⽅も超豪華で、この中に私が⼊っていいのか︖ と緊張しました」と述懐。この⽇、開催された最速試写で完成した作品を観て「(⾃分の名前が出てくる)エンディングで感動し過ぎて泣いちゃいました︕」と明かす。
DEEMO

DEEMO
⽵達さんも「私も映画作品で主演は初めてで、(完成した映画を観て)ウルっときて感動してしまいました︕」と“座⻑”としての感慨を⼝にする。

その後、2 ⼈は“埼⽟愛”や“シューティングゲーム好き”といった共通点で盛り上がり「⼀緒にやりたいです︕」と約束するなど、初対⾯にもかかわらず、和気あいあいとしたムードでトークは進む。

この⽇の試写は、国内最⾼レベルの⾳響設備が整った会場で開催されており、7.1ch で、前後左右から⽴体的に⾳を感じられる環境で上映されたが、⽵達さんは本作の⾳響、⾳楽について「とにかくすごいとしか⾔いようがない︕ ⾳がいろんなところから聞こえるのもすごいし、いままで、スマホの中で聞いていた⾳楽が、映画館で⽴体的に聴こえるのに感動しました。それだけで泣いちゃうくらい、ファンには絶対にうれしい仕様になっていました。細かいんですが⾬の⾳が聞こえたり、夜のシーンでも⽿をすますと⾍の声が聞こえて季節を感じられたり、すごかったです」と興奮気味に語る。

丹⽣さんも「(⾳を)3D に感じました。楽曲のシーンが結構あったんけど、オーケストラのコンサート会場にいるような感じで、360 度から⾳⾊に包まれているような…。映画館で味わったことのない⾳⾊が感じられて、ドアの開く⾳すら『ギィー』とリアルに聞こえてきて、ひとつひとつの⾳が丁寧過ぎて、さすがでした」と感動を⼝にした。

また、物語についても⽵達さんは「観終わった後、すごく切なくて、優しくて、温かくて、じんわりした気持ちになりました。話は全部知ってるし、ゲームも含めて⻑年アリスを演じてきたのに、すごく良い作品で、素敵な話だから何回⾒ても感動してしまうんです。最後まで⾒て『そうだったの!?』というところもありました。観終わってまた⼀から観たら、『あの時のあのキャラの⾏動の意味とか、あの⾳はそういうことだったんだ︕』とわかってもらえると思います。何度でも発⾒してもらいたいです」と映画ならではの深遠な物語を絶賛︕

丹⽣さんは「『あぁ、愛だな、愛︕』と思いました。本当に愛を感じました。ストーリーにも感動したし、何と⾔っても⾳楽にも感動して…こんなに、2 つのことで感動できる作品ってなかなかないよなって思いました」と⾳楽と物語の⾒事なマッチングを⼼から堪能したよう。吉⽥アナも「絵本のように何⼗年も⽣き残る作品。それぞれの曲が、なぜここに出てくるか意味があるんです」と惜しみない称賛を送っていた。
DEEMO

DEEMO
また、キャラクターについては、⽵達さんは⾃⾝が演じたアリスに触れ「いままで、ゲームではなかった、ちょっと⼤⼈なアリスが出てきちゃったので『え︖ いままで演じたことない︕』ってビックリしましたけど、成⻑した⼤⼈のアリスを演じられて嬉しかったです」と笑顔を⾒せる。

⼀⽅、丹⽣さんが演じた“仮⾯の少⼥”は「『謎に包まれている』というのがぴったり」(丹⽣さん)とのことで、公開されたトレイラーでも、『冷たい』『話しかけにくいオーラ』をまとっている」とミステリアスな⼀⾯を明かす。

丹⽣さんはアフレコを振り返り「普段『⾼い』と⾔われるけど、『いつもより低めに』というのは挑戦でした」と明かす。そんな丹⽣さんのアフレコについて⽵達さんは「すごいなって思いました。収録は⼀⼈で、掛け合いもない中で、あんな⾃然に、ちゃんと(他のキャラクターとの)お芝居を⼀緒にしていて、最近のアイドルの⽅は器⽤で何でもできちゃうんだなぁ…って悔しい気持ちになりました」と称賛する。

この⽇の配信では、アリスと仮⾯の少⼥が出会うシーンが⼀部公開されたが、「さわらないで」と冷たい⼝調で語る仮⾯の少⼥に吉⽥アナは「⼀瞬、丹⽣さんとわからない︕」と語り、⽵達さんは「丹⽣さんと⾔えば、キラキラの笑顔が頭に浮かぶのに、『キライ』とか『さわらないで』と⾔う⼈と同じ⼈なのか…︖ と脳が混乱しています︕」と普段の丹⽣さんのイメージを良い意味で裏切る“ギャップ”に驚いた様⼦だった。

公開に向け、ファンの期待が⾼まるが、丹⽣さんは「映画を観て、⼼が洗われて、でも切なくなって…⾳楽が本当に美しくて、いろんな世界観を楽しめる作品になっていると思いました。いろんな“⾊”の⾳楽があって、⾳でこんなに表現できるんだなと感じました」と改めて⾳楽の素晴らしさについて⾔及。

⽵達さんは「とにかくすごい︕ 完成した映画を観て、嬉しい気持ちが⼀番強かったです。ゲームの収録だと基本的にひとりでしたけど、そこからアリスの世界が広がってくれたことが嬉しかったです。アフレコはトップバッターだったんですが『これは相⼿の俳優さんたちはどうやってやられるのか︖』とドキドキワクワクして不安もあったんですが、⽣き⽣きとキャラが動いているのを⾒て、アリスもより魅⼒的に映してくださって、胸がいっぱいです。この作品に関われて幸せだなと思いました」と万感の思いを語った。
DEEMO
そして、ファンに向けて丹⽣さんは「初めての劇場版アニメのアフレコが『DEEMO』で本当によかったと⼼から思えた素敵な作品なので、たくさん楽しんでいただきたいです︕」と呼びかけ、⽵達さんは「何て⾔ったらいいかわからないくらい、魅⼒がつまった作品 になっています。様々なプロフェッショナルの⽅たちが、⼼を込めて作った、楽しんでいただける作品になっています」と⼒強くアピールし、⽣配信は盛況のうちに幕を閉じた。

出演︓⽵達彩奈 丹⽣明⾥(⽇向坂 46) / ⻤頭明⾥ 佐倉綾⾳
濱⽥岳 渡辺直美 イッセー尾形 松下洸平 / ⼭寺宏⼀
原作︓Rayark Inc.「DEEMO」
総監督︓藤咲淳⼀ 監督︓松下周平 脚本︓藤咲淳⼀・藤沢⽂翁 キャラクターデザイン︓めばち
主題歌制作︓梶浦由記 主題歌︓⾼島⼀菜「nocturne」(PONY CANYON)
制作︓SIGNAL.MD Production I.G 製作・配給︓ポニーキャニオン
公式HP:deemomovie.jp
(c)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

2022 年 2 ⽉ 25 ⽇(⾦)より新宿バルト 9 ほか全国ロードショー