『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』の音楽チームが贈る感涙ミュージカル映画、この秋公開!

主人公のエヴァン・ハンセンを演じるのはミュージカル版でも主役を務めたベン・プラット!さらに、エヴァンが想いを寄せるコナーの妹、ゾーイ・マーフィー役をケイトリン・デヴァー(『ブックスマート卒業前夜のパーティーデビュー』(19))が、エヴァンを支え、励ますシングルマザーのハイディ・ハンセン役をジュリアン・ムーア(『アリスのままで』(14))、コナーとゾーイの母親シンシア・マーフィー役をエイミー・アダムス(『バイス』(18))が演じ、豪華俳優陣が脇を固める。監督は『ワンダー 君は太陽』(17)や『ウォールフラワー』(12)のスティーヴン・チョボスキー製作には『ラ・ラ・ランド』(16)、『グレイテスト・ショーマン』(17)のスタッフ陣が集結。親愛なるあなたへ贈る、心震わす感涙ミュージカルがこの秋日本上陸。さらに、第34回東京国際映画祭のクロージング作品として上映し、「ミュージカルとしても最高だし、ドラマとしても最高だった」、「何度も泣いた」や「とても胸に響いた」と大反響だった。

 いよいよ今週末公開!撮影舞台裏が垣間見えるスペシャル映像&俳優・上白石萌音さんをはじめとする多くの著名人から応援コメントが到着! 

この度解禁となったのは、主人公エヴァンと同級生のコナーとジャレッドの3人が劇中で歌う楽曲「シンシアリー・ミー」にのせてキャスト陣たちの撮影舞台裏が垣間見えるスペシャル映像。映像では、自分宛に綴った主人公エヴァンの手紙のフレーズ「Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)」にあわせて、主演のベン・プラットを始め、ニック・ドダニ(ジャレッド役)やコルトン・ライアン(コナー役)、ケイトリン・デヴァー(ゾーイ役)、アマンドラ・ステンバーグ(アラナ役)らフレッシュな若手キャスト陣たちが登場している。本作の中で最もポップでキュートな楽曲である「シンシアリー・ミー」の撮影シーンの舞台裏の他、キャスト陣たちが和気あいあいと撮影に取り組んだ様子が伺える笑顔の絶えない映像だ。主演のベン・プラットは「僕たちはよりよい時代へ向かっている。また人と繋がれる世界になりつつある」とコロナ渦を経た今を語っており、現代に生きる若者が抱える悩みを心を込めて表現した新鋭キャストたちの名演からも目が離せない!

また今回、先立って本作を鑑賞した俳優の上白石萌音さんをはじめとする各界の著名人から応援コメントが到着!俳優以外にも歌手としても活動し、ミュージカルの出演も控えている上白石さんは「舞台版のオリジナルキャストによるエヴァンの深みとリアリティがとにかく圧巻。消し去れない傷とどう向き合っていくのか、ここにそのヒントがありました」と本作の魅力を語った。そして、数多くのミュージカルに出演している東啓介さんは「僕の大好きな作品。いつか僕も出演したい作品。とにかく、とにかく涙が止まりませんでした。」と、同じくミュージカルに多数出演されている松浦司さんは「決して1人ではないことを教えてくれる、美しくて痛切な、これまで観たことがないミュージカル映画です」と熱くコメント。その他、多くの著名人より賞賛の声が集まっている映画『ディア・エヴァン・ハンセン』。胸に響く感涙ミュージカル映画をぜひ劇場の大画面でご堪能下さい!

スペシャル映像:The Today Project

あらすじ・ストーリー

エヴァン・ハンセンは学校に友達もなく、家族にも心を開けずにいる。ある日、自分宛に書いた“Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)”から始まる手紙を、図らずも同級生のコナーに持ち去られてしまう。後日、校長から呼び出されたエヴァンは、コナーが自ら命を絶った事を知らされる。悲しみに暮れるコナーの両親は、手紙を見つけ息子とエヴァンが親友だったと思い込む。彼らをこれ以上苦しめたくないエヴァンは思わず話を合わせてしまう。そして促されるままに語った“ありもしないコナーとの思い出”は人々の心を打ち、SNSを通じて世界中に広がり、彼の人生は大きく動き出すー。

FIX②【情報掲載のお願い】映画『ディア・エヴァン・ハンセン』SP映像&応援コメント到着!

コメント

■上白石萌音(俳優、歌手)

大評判の舞台の映画化を知り、「ブロードウェイに行かずとも観られる」と喜んでいましたが、映画を観終わった今、「これは絶対に生でも観たい」と興奮しています。
舞台版のオリジナルキャストによるエヴァンの深みとリアリティがとにかく圧巻。
消し去れない傷とどう向き合っていくのか、ここにそのヒントがありました。

■東啓介 (俳優)

僕の大好きな作品。いつか僕も出演したい作品。
とにかく、とにかく涙が止まりませんでした。
一つの手紙から始まるこの物語。
主人公の葛藤、不安、恐れ、全てに胸を打たれました。
映画館でしか味わえない、映像美、皆様も感じてください。

■松浦司 (俳優)

きっと誰もが心の奥底で抱いている孤独。
閉ざされた扉に光の手を差し伸べられるように、その光を見失わないように。
決して1人ではないことを教えてくれる、美しくて痛切な、これまで観たことがないミュージカル映画です。

■石川新太(俳優・ミュージシャン)

映画ならではの息遣いまで伝わるような繊細な表現でこのDear Evan Hansenの楽曲の素晴らしさがより引き立っていると感じました。

皆様もぜひ映画館の素晴らしい音響でこの作品をお楽しみください!

■LiLiCo(映画コメンテーター)

自分なんて….と思っている人。
エヴァンと一緒に成長しよう。
観たらなにかが変わるよ。
明日から心の中が晴れるよ。
ときには優しい嘘も必要。
誰かを救える….そして自分をも。

■よしひろまさみち(映画ライター)

こんなに映画版向きの舞台劇ってある? ってくらいに圧倒。
一緒に口ずさみたくなるアレンジも振り付けもゴージャス!
人との距離を気にする現代人が抱えるお悩み、歌と踊りで代弁してくれます。

■山崎まどか(コラムニスト)

SNSでは饒舌な子どもたちも、学校で居場所のない子どもたちも、みんなエヴァン・ハンセンのように自分を“見つけてほしい”と願っている。
その切実な思いが歌になって流れ出す時の説得力ときたらない。

『ディア・エヴァン・ハンセン』作品情報

【出演】ベン・プラット/エイミー・アダムス/ジュリアン・ムーア/ケイトリン・デヴァー/アマンドラ・ステンバーグ/ニック・ドダニ/ダニー・ピノ/コルトン・ライアン
【監督】スティーヴン・チョボスキー  【脚本】スティーヴン・レヴェンソン  【楽曲】ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール
【製作】マーク・プラット/アダム・シーゲル  【製作総指揮】マイケル・ベダーマン/スティーヴン・レヴェンソン/ベンジ・パセック/ジャスティン・ポール
【全米公開日】9月24日  【原題】DEAR EVAN HANSEN  【配給】東宝東和
© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

【公式サイト】deh-movie.jp
【公式Twitter】 @dehmovie_jp

11月26日(金)より全国ロードショー