ポスタービジュアル&予告編解禁!
さらに映画公開が 2022 年 2 月 11 日(金・祝)に決定!

『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』と『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』でベルリン、ヴェネチアをドキュメンタリー映画で初めて制し、アカデミー賞®ノミネートも果たした名匠ジャンフランコ・ロージの監督最新作『国境の夜想曲』のビジュアルと予告編がこの度解禁され、さらに映画公開日が2022年2月11日(金・祝)に決定いたしました!

この度解禁されたビジュアルは、どこか遠くを見つめる少年の表情が大きく印象的に使われ、国境地帯に住む人々の営みをとらえた場面写真の数々とどこまでも続く海のブルーが相まって、添えられた「どんな場所でも、どんな夜でも、かならず朝は来る」というキャッチコピーが希望の夜明けを感じさせるものに仕上がった。

併せて解禁された予告編は、オレンジ色の囚人服を着た無数の男たちが刑務所を徘徊する衝撃的なシーンで幕を開ける。アメリカ国旗を掲げた装甲車が物々しく並ぶ場面が差し込まれつつも、亡き息子を想う母親、心に深い傷を負った子供たちなど、戦争や侵略に翻弄され辛い状況に置かれた人々の苦境と「空が綺麗だ」と笑い合う恋人たちの姿が映し出され、どんな状況にあっても生きることを諦めない人々の力強さと希望を感じさせる。

ショパンのノクターン第8番の旋律に乗せて「この作品の静謐さは、まるで俳句のようだ。感動し、圧倒された」というアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥのコメントで締めくくられる予告編は、見るもの全ての心を揺さぶるだろう。
『国境の夜想曲』ビジュアル

『国境の夜想曲』予告編映像

監督・撮影・音響

ジャンフランコ・ロージ

配給:ビターズ・エンド
©︎ 21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINÉMA / Notturno NATION FILMS GмвH /MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GвR

2022 年 2 月 11 日(金・祝)、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー