2021年5月初公開で初日満席!
この冬スクリーンに再登場

映画「16」と10年。遠く。2022年2月19日(土)より池袋シネマ・ロサにて再度公開が決定しました。本作は2021年5月に池袋シネマ・ロサにて、盛況の中初公開を終えた作品となります。この度同劇場にて再度上映頂くこととなりました。

兎丸愛美と大門嵩の男女W主演による長編映画

2021年11月19日より公開が開始された『COME&GO カム・アンド・ゴー』に出演するなど、ヌードモデル・女優として活躍する兎丸愛美と、『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021』にて、監督・出演を務めた『徒然甘々』が「HOPPY HAPPY AWARD」を受賞するなど話題を呼ぶ大門嵩の男女W主演作品となります。監督・脚本は本作が劇場公開デビューとなった川延幸紀

東京と新潟を舞台に、高校時代と26歳の2つの時間軸が交差する10年越しの「再生」のストーリー。200kmの距離を往復し1年間に渡って撮影された本作では、鮮やかな四季の中、孤独と共に彩りを失っていく幼馴染の男女の心、その果てに辿りつく「再生」が繊細に描かれていきます。上映へ向けたクラウドファンディングでは目標金額の1,000,000円を達成、2021年5月の初公開では初日満席の盛況となった本作。この冬スクリーンに再登場します。

イントロダクション

「16歳のあの日から10年。僕たちは生まれ変われるだろうか」

16歳。僕たちは隣にいる誰かを守れると信じていた。
あの日、記憶を失った幼馴染の姿を見るまでは ー 
過去の記憶に縛られた青年と、全てを忘れてしまった幼馴染が、
2人だけの「嘘」と共に10年ぶりの故郷へ帰る。
「16」と10年。遠く。,画像
「10年を経て失ったもの」と「10年間抱え続けたもの」。高校時代のイノセンスとその喪失を見事に演じきったのは、俳優から監督、プロデューサーなど映像業界で幅広く活動する大門嵩。ヒロイン雪那を演じるのは、19歳当時「自分にしかないものを残すため遺影を撮った」という兎丸愛美。雪那の「生まれ変わりたい」という気持ちに自分自身を重ねたという等身大の演技も見所です。

『「16」と10年。遠く。』予告編映像

あらすじ

中学三年生の冬に両親が他界し、地元の大地主に養子として引き取られた雪那(ゆきな)は、高校生活が始まると同時に学校を休みがちになる。雪那の異変に気付いた幼馴染の同級生・馨(かおる)は、雪那を取り巻く現実を知り自分の無力さに苛まれていた。

16歳の夏。
田舎町を少し外れた夕暮れの道路で、雪那は交通事故に遭ってしまう。彼女が目を覚ましたと聞き病院に駆けつけた馨が目にしたのは、記憶を失った幼馴染の姿。

10年の歳月が経った冬の東京。
喪失感と後悔を胸に秘めたまま、一人暮らしていた馨は、偶然雪那と再会する。「私と一緒に、嘘をついてくれませんか?」。全てを抱えたまま生きてきた青年が、全てを忘れてしまった幼馴染と再び故郷へ帰る。
ひとつの嘘と共に ー

キャスト

大門 嵩
兎丸 愛美
三江 彩花
森脇 なな
金子 寧々
奥居 元雅
大山 真絵子
真柴 幸平
森 恵美
壱の木成
齋藤 博之
宇田川 さや香
赤松 真吾
藤 入鹿

細川 佳輝
白奈 里渉
藪田 真衣
村松 えり
水沢
有礼
佐田 淳
田村 宗慈
ぱいぱいでか美

監督・脚本

川延 幸紀

撮影:野辺 康介
録音:早川 竜馬
音楽:服部 義広
VFX:波多 柾之(やさしい世界)
メイク:MAYUCO
宣伝:西出 壮宏
ロゴデザイン:UDON
2020年/日本/DCP /カラー/109分/5.1chサラウンド
©Backlight Film Co.

2022年2月19日(土)〜2月25日(金)
池袋シネマ・ロサにて1週間レイトショー