2021年、355日目の大スクープ‼
華麗なる女性エージェントたちの場面写真一挙公開

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなどの実力者が集結し、世界を救うミッションに挑む、スパイ・アクション大作、日本では 2022 年 2 月 4 日に公開が決定した『355』(スリー・ファイブ・ファイブ)。今回は各女性エージェントのソロの写真を含めた場面写真を公開します。

走る、隠れる、駆ける、5 人の雄姿を見よ!!場面写真解禁

今回解禁する写真は、各国の女性エージェントの個々の写真である。
ジェシカ・チャステイン演じるCIAのメイスは、銃を持ちターゲットを追いかけて走っている姿。
355,画像
ルピタ・ニョンゴ演じるMI6のハディージャは男が倒れている横で身をひそめる姿。
355,画像
ペネロペ・クルス演じるコロンビアの諜報組織所属のグラシーはサングラスをかけてミッション中の様子。
355,画像
ダイアン・クルーガー演じるドイツ連邦情報局のマリーは狭い道路をバイクで駆けぬける姿。
355,画像
ファン・ビンビン演じるリンは銃を持つ男たちを従え仁王立ちする姿。
355,画像
5人が演じるエージェントのキャラクターが際立つ写真となっている。その他にもジェシカ、ルピタ、ペネロペ、ダイアンのゴージャスなドレス姿で揃った写真、セバスチャン・スタン演じるCIAの同僚ニックとジェシカとの2ショット写真も併せて解禁します。今年も残りわずかとなった、1月1日から“355日目”にあたる12月21日に解禁!
355,画像

『355』予告編映像

あらすじ

格闘術のスキルが高いCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

あらゆるセキュリティをくぐり抜け、世界中のインフラや金融システムなどを攻撃可能なデジタル・デバイスが南米で開発され、その途方もなく危険なテクノロジーが闇マーケットに流出しようとしているのだ。

この非常事態に対処するため、各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。

それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのかー

※“355”:18世紀アメリカの独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネーム

キャスト

ジェシカ・チャステイン 
ペネロペ・クルス 
ファン・ビンビン 
ダイアン・クルーガー 
ルピタ・ニョンゴ
エドガー・ラミレス
セバスチャン・スタン

監督

サイモン・キンバーグ(『X-MEN:ダーク・フェニックス』)

脚本

テレサ・レベック サイモン・キンバーグ

製作:ケリー・カーマイケル ジェシカ・チャステイン サイモン・キンバーグ
製作総指揮:
リチャード・ヒューイット(『ボヘミアン・ラプソディ』) 
エスモンド・レン(『チャイニーズ・ゾディアック』)
ワン・ルイ・ファン
音楽:トム・ホーケンバーグ(『マッド・マックス怒りのデスロード』『ゴジラVSコング』)

原題:THE 355
2022年/イギリス/英語/カラー/ドルビー・デジタル/スコープ/122分
レイティング:PG-12
字幕翻訳:チオキ真理
提供:木下グループ 

配給:キノフィルムズ
公式HP:355-movie.jp
©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

2022年2月4日(金)
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー