『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』
超特報&超ティザービジュアル解禁!

1979年に放送された日本ロボットアニメの金字塔にして、ガンダムの原点『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。ファンの間では名作として知られる本エピソードは、主人公のアムロ・レイと敵対するジオン軍の脱走兵ドアンとの交流を通じて戦争の哀愁が描かれ、当時ガンダムファンの注目を集めた。
この度、ガンダムとアムロの物語が、劇場版3部作でも描かれることのなかった伝説のエピソードと共に『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙』の劇場公開からおよそ40年の時を経て、待望の映画化が決定!本作は、TVシリーズ『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターであり、累計発行部数1,000万部を超えるヒット作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を手掛けた安彦良和氏が監督を務め、現在鋭意制作中。公開は来年2022年の初夏を予定。
ガンダムファンにお馴染みのホワイトベースの仲間たちやモビルスーツが登場。壮大なスケールでよみがえるRX-78-02ガンダムとアムロの物語が最新のアニメーションで描かれる大迫力なモビルスーツ戦と共にスクリーンに舞い戻る!続報にご期待。

この度、超ティザービジュアル&超特報映像を解禁いたします。

超ティザービジュアル初公開

この度、解禁した安彦監督自らが描き下ろしたビジュアルでは、主人公アムロ・レイの搭乗機“RX-78-02 ガンダム”と、 “ザク”の姿が納められ、アムロのこちらに向けるまっすぐな眼差しが印象的だ。
さらにザクがガンダムを見下ろしているようにも捉えられる様子は緊拍感を漂わせ、静かなる戦いの始まりを予感させる。アムロの何かを訴えかけるような瞳には、どんなメッセージが込められているのか。

超特報映像公開

併せて解禁された映像では、RX-78-02 ガンダムが、あの名シーンを彷彿とさせる“大地に立つ”様子が描かれている。重厚感ある機体で大地を揺らし、ゆっくりと立ち上がる威風堂々たる姿には圧倒的な迫力を感じる。そして、輸送機ガンペリーが物語の舞台となる島の上空を飛行するシーンが収められている。一体、この島で何が起きたのか…ガンダムが再び大地に立つ圧巻の映像に仕上がっている。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』超特急映像

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』メインスタッフ公開

企画・製作:サンライズ
原作:矢立 肇 富野 由悠季
監督:安彦 良和
副監督:イム ガヒ 脚本 : 根元 歳三
キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利
美術監督:金子 雄司 色彩設計:安部 なぎさ 撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
CGI演出:森田 修平 CGI監督:安部 保仁 編集:新居 和弘
音響監督:藤野 貞義 音楽:服部 隆之
配給:松竹
©創通・サンライズ

2022年 初夏公開